genkai-shobo.jp

勤勉革命

資本主義を生んだ17世紀の消費行動

著者:ヤン・ド・フリース/著 吉田敦/翻訳 東風谷太一/翻訳
価格:4,000円+税
刊行日:2021/03/19

出版社:筑摩書房
ISBN:978-4-480-86137-5
Cコード:0020
[単行本](歴史総記)

産業革命は暮らしの質を高めようと西洋の各世帯内で行われた労働力の再配置と消費内容の見直し=「勤勉革命」がもたらした! 西洋史研究の最新成果を初邦訳。



内容紹介

産業革命は暮らしの質を高めようと西洋の各世帯内で行われた労働力の再配置と消費内容の見直し=「勤勉革命」がもたらした! 西洋史研究の最新成果を初邦訳。

ヤン・ド・フリース

カリフォルニア大学歴史学部教授(バークレー校)。専門はヨーロッパ経済史、オランダ経済史。アナール派的構造主義アプローチとニュー・エコノミック・ヒストリーを組み合わせた研究で知られる。著書に『危機の時代のヨーロッパ経済』、『ヨーロッパの都市化』、『最初の近代経済』(アド・ファン・デァ・ワウデとの共著)などがある。本書でアメリカ経済史学会のジョルジ・ラーンキ賞を受賞した。

吉田 敦

千葉商科大学人間社会学部准教授。専門は国際経済論。著書に『アフリカ経済の真実』(ちくま新書)、訳書にK・ポメランツ、S・トピック『グローバル経済の誕生』などがある。

東風谷 太一

東京外国語大学大学院総合国際学研究科研究員。専門はドイツ近代史。訳書にK・ポランニー『経済と自由』、G・デイル『現代に生きるカール・ポランニー』などがある。