genkai-shobo.jp

空の手帳 散歩が楽しくなる


著者:森田正光/監修
価格:1,600円+税
刊行日:2020/03/30

出版社:東京書籍
ISBN:978-4-487-81334-6
Cコード:0044
[単行本](天文・地学)

好評シリーズ最新刊。誰かに話したくなる身近な空&雲のなるほど雑学満載。散歩が楽しくなること間違いなしのハンディタイプの手帳。



内容紹介

黄砂は平安時代から飛んでいた?
ひつじ雲が出ると翌日は雨?
空はなぜ青い?
別名は「芋名月」!?
木枯らしの定義は東西で異なる?
“スコール”は実は雨ではなく強風のこと!
などなど、思わず「へぇ~」とうなってしまう身近な空や雲、天気にまつわるなるほど雑学に、
ことわざや俳句を加えて、美しい写真と共に紹介!

雲や大気光学現象の仕組みを解説した本は多数ありますが、
誰かにちょっぴり話したくなる空のネタをまとめた本は他に類を見ません。
空や雲の仕組みだけでなく、観天望気も俳句もまとめて知りたい方にピッタリの
散歩が楽しくなること間違いなしのハンディタイプの手帳です。
プレゼントにもおすすめです。

森田 正光

森田正光(モリタマサミツ) 1950年愛知県名古屋市生まれ。気象予報士、気象キャスター。財団法人日本気象協会を経て、1992年日本初のフリーランスお天気キャスターとなる。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、テレビやラジオに多数出演するほか、講演活動も積極的に行なっている。 現在は株式会社ウェザーマップ会長。 著書や監修に『空と天気のふしぎ109』(偕成社)、『天気のしくみ-雲のでき方からオーロラの正体まで-【Web動画付き】』(共立出版)、『ビジュアル気象歳時記-天気の名前-』(世界文化社)、『雲・天気』(学研教育出版) などがある。