genkai-shobo.jp

日本奇術演目大事典


著者:河合勝/編集
価格:36,000円+税
刊行日:2021/08/27

出版社:東京堂出版
ISBN:978-4-490-10923-8
Cコード:1520
[事・辞典](歴史総記)

江戸時代から令和の奇術演目1,054種を現象別、素材別など分類。650種の図説、404種の原文翻刻を掲載した本格資料本。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

江戸時代から令和(主に江戸時代)までの日本手品など1,054種について、現象別、素材別、仕掛け別、年代別など20項目に分類し、そのうち650種を図説、残りの404種は原文の翻刻を掲載。
口絵も含め、図版総計1292点にも及ぶ日本奇術の演目大事典。日本初の奇術伝授本「神仙戯術」を全頁公開し、翻刻及び解説を付した日本の奇術演目を知る本格的資料本。

もくじ

日本奇術演目図説――日本奇術の演目について
日本奇術演目一覧/第一章~第二十章            
資料編――日本奇術書目録
日本奇術書所載演目一覧
『神仙戯術』(図版・翻刻・現代語訳)
日本奇術用語集
小咄「むかしてじな劇場」 

河合 勝

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

1945年、愛知県蒲郡市生まれ。三重大学教育学部卒業。元愛知江南短期大学教授。奇術史研究家。奇術史文献収集家。日本奇術協会名誉会員。1982年、第15回FISMローザンヌ(スイス)大会出演。著書に『保育に生かすマジック』(明治図書出版、1995年)、『日本奇術演目事典』(日本奇術博物館)。論考に「日本古典奇術『胡蝶の舞』について」、「日本古典奇術『水芸』について」などがある。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket