genkai-shobo.jp

近代の虚妄 現代文明論序説

現代文明論序説

著者:佐伯啓思/著
価格:2,800円+税
刊行日:2020/10/09

出版社:東洋経済新報社
ISBN:978-4-492-22396-3
Cコード:3036
[単行本](社会)

ポピュリズムとニヒリズムを乗り越え、アフターコロナに求められる思想とは何か。知の巨人が西洋近代の限界と日本思想の可能性を探る



内容紹介

「ポピュリズム」「ニヒリズム」に象徴される近代の危機を乗り越えられる思想はあるのか。
「グローバリズム」と対峙するアフターコロナの価値観とはなにか。
西洋近代の限界を縦横無尽に論じ、日本思想の可能性を探る。
「当代随一の思想家」による「近代論」の集大成であり、「知の巨人」が新境地を開拓する主著。

トランプに象徴されるポピュリズム現象。
しかしこれは今に始まったことではない。すでに1930年代のナチス台頭から始まっていたことだ。
その原動力となったのは「ニヒリズム」。何も信じられない事態に絶望し、疲れきったため、その時々の状況に身を任せ、流れるように生きるという態度である。
これが後にユダヤ人大虐殺の「ホロコースト」につながっていった。
現在、先進各国を覆い尽くしているのも、こうした「近代の病」であるニヒリズムである。
近代のこのような虚妄≒ニヒリズムを乗り越えることは可能なのか。
その可能性として日本思想、とりわけ西田幾多郎「無の思想」などに象徴される京都学派に再び光を当てつつ、西洋近代思想と比較分析。
その現代的価値を問い直す。

もくじ

序論 新型コロナウイルスと現代文明

1章 フェイクの時代の民主主義

2章 「歴史の終わり」と「歴史の危機」

3章 「西洋の没落」に始まる現代

4章 ハイデガーの問いと西洋文化の帰結

5章 「ニヒリズムの時代」としての近代

6章 科学技術に翻弄される現代文明

7章 暴走する「グローバル資本主義」――経済学の責任

8章 「無の思想」と西田哲学

9章 日本思想の可能性

佐伯 啓思

佐伯 啓思(サエキ ケイシ) 思想家、京都大学名誉教授、京都大学こころの未来研究センター特任教授 1949年奈良県生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程単位取得。 広島修道大学専任講師、滋賀大学教授、京都大学大学院教授などを歴任。 著書に『隠された思考』(筑摩書房、サントリー学芸賞受賞)、『「アメリカニズム」の終焉』(TBSブリタニカ、NIRA政策研究・東畑記念賞受賞)、『現代日本のリベラリズム』(講談社、読売論壇賞受賞)、『さらば、民主主義』(朝日新書)、『西田幾多郎』『死と生』(以上、新潮新書)、『経済成長主義への訣別』(新潮選書)など。 現代文明や日本思想についての言論誌『ひらく』(A&F BOOKS)の監修も務めている。