genkai-shobo.jp

パーパス経営

30年先の視点から現在を捉える

著者:名和高司/著
価格:2,800円+税
刊行日:2021/04/23

出版社:東洋経済新報社
ISBN:978-4-492-53436-6
Cコード:3034
[単行本](経営)

ミッション、ビジョンからパーパス(志)へ。日本を代表するコンサルタントが解き明かす新しい経営の思想とマネジメントの形。



内容紹介

資本主義における基本資産は、カネ(金融資本)とモノ(物的資本)だった。ヒト(人的資産)は、資産ではなく費用(コスト)として計上されるという欠点があった。本書で提唱する「パーパス経営」の源泉は、人の思いを中心とした「パーパス」という目に見えない資産である。これは自分は何のために存在するのか、そして他者にとって価値のあることをしたいという信念である。「パーパス」は、マネジメント用語としても、ミッション、ビジョン、バリューの上位概念として注目されている。こうした考え方は、日本の企業が昔から「志」といった言葉で、強く持っているものだ(著者はパーパス重視の経営を「志本主義」と呼ぶ)。これからは、志に基づく顧客資産、人的資産、組織資産などの無形資産をいかに蓄積していくかが経営の鍵となる。昨今、注目されているSDGsは、2030年までの目標にすぎない。そうではなく、30年先の視点から現在を捉える発想が不可欠だ。本書では、国内外の100社以上の名だたる企業の変革にかかわってきた著者が、志を追求し、成長を続けるための経営の思想と、具体的なマネジメントの方法を説き明かす。

もくじ

第I部 志本経営とは何か
第1章 資本主義の終焉
第2章 資本主義を超えて
第3章 志本主義の系譜
第4章 日本流再考
第5章 志本経営の時代
第II部 志本経営企業の群像
第6章 世界の志本経営企業
第7章 日本の志本経営企業
第8章 世界と日本の共通点、相違点
第III部 志本経営の実践
第9章 サステイナビリティの実践
第10章 デジタル時代に求められる進化力
第11章 「グローバルズ」のフラクタル構造
第12章 鍵を握る無形資産
第13章 MX――経営のイノベーション
第IV部 日本企業への提言
第14章 失われた30年の蹉跌
第15章 志が拓く未来

名和 高司

一橋大学ビジネススクール客員教授。1980年東京大学法学部卒業、三菱商事入社。90年ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得(ベーカー・スカラー)。その後、約20年間、マッキンゼーのディレクターとしてコンサルティングに従事。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。2011~16年ボストン コンサルティング グループのシニアアドバイザー。14年より30社近くの次世代リーダーを交えたCSVフォーラムを主宰。10年より一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授、18年より現職。問題解決、イノベーション、コーポレートガバナンス、DX、CSV経営などの講座を担当。ファーストリテイリング、味の素、 NECキャピタルソリューション、SOMPOホールディングスの社外取締役、三菱ケミカル、日本電産、インターブランドジャパン、アクセンチュアなどのシニアアドバイザーを兼務。主な著書に『学習優位の経営』『CSV経営戦略』『企業変革の教科書』『経営改革大全』などがある。