genkai-shobo.jp

デジタル革命で機械の奴隷にならない生き方

ディストピアを超えて現代のユートピアへ

著者:R.D.プレヒト/著 美濃口坦/翻訳
価格:2,400円+税
刊行日:2021/01/12

出版社:日本評論社
ISBN:978-4-535-78903-6
Cコード:3036
[単行本](社会)

AIやロボットといった第四次産業革命(デジタル革命)で人間の仕事は奪われるのか。労働の意味を見直し、新しい生き方を示す。



内容紹介

AIやロボットといった第四次産業革命(デジタル革命)で人間の仕事は奪われるのか。労働の意味を見直し、新しい生き方を示す。

もくじ

ファーストコンタクト

第1部 デジタル革命――ディストピア

第1章 私たちにお馴染みの業績主義社会の終わり
      ――パラダイムの転換
二五年以内に世界中で四七%の人が職を失う?
画一化の論理とはお金の論理

第2章 私たちはタイタニック号のデッキで寝椅子の飾り付けに励む
      ――あまりにも重い課題 
数字がすべて
現在の政治の特徴

第3章 パロアルト資本主義が世界を支配する――ディストピア
中国の「社会信用システム」がもたらすもの
コンピューターのいうことを実行するだけの世界
超人の誕生を待ち望む?

第4章 過ぎ去らない過去――レトロピア


第2部 ユートピア

第5章 機械が働き、労働者は歌をうたう――賃金労働のない世界
ユートピアの半分はもう実現している?
昔と変わらないエコノミストたち
業績主義的社会の終わり
労働や報酬と結びつかない「仕事」

第6章 自由に生きる――ベーシックインカムと人間観
ベーシックインカムの財源はどうするか
ベーシックインカムの心理的な側面
人間の価値を仕事から切り離す
社会的ユートピアの物質基盤を築く 

第7章 自分で決める毎日
      ――好奇心、モチベーション、意味と幸せ
報酬がない活動と所得を得る労働の境界線
人間の歴史は人間によってつくられる
二一世紀は「早速」文化である
これからの教育が目指すもの

第8章 生きるとは世話を受けることか?
      ――予期できないことの魅力
デジタル技術がもたらすもの――文化的退歩の危険性
デジタル技術と交通問題
デジタル技術と医療
私たちの生活をより良くするとは?

第9章 計画でなく、物語を――政治の復帰
不透明性の価値
予想外のことが起こらない人生とは?
経済最優先主義 
「解決主義」に気をつけろ!              

第10章 人間性のためのルール――悪いビジネスと良いビジネス
二〇一八年のデータビジネス 
EU一般データ保護規則の制定 
プライバシーに対する権利と経済的利点を天秤にかける
時代は変わりつつある
未来社会では個人データによる商売は禁止されるべきである 

第11章 別の社会――経済至上主義との別離
消費危機とハラリが指摘した危機、そして三番目の危機 
経済危機に陥ったときに取るべき道とは? 
社会の変革期において政治が果たすべきこと


第3部 夜思い浮かぶこと

終章 私たちと彼ら
     ――世界はデジタル化から逃れることはできない

解説

R. D. プレヒト

哲学者・著述家

美濃口 坦

ジャーナリスト