genkai-shobo.jp

パトリックと本を読む

絶望から立ち上がるための読書会

著者:ミシェル・クオ/著 神田由布子/翻訳
価格:2,600円+税
刊行日:2020/05

出版社:白水社
ISBN:978-4-560-09731-1
Cコード:0098
[単行本](外国文学、その他)

罪を犯した教え子を救うために何ができるか。読書の喜びを通して、貧困からくる悪循環にあえぐ青年の心に寄り添った法律家の記録。



内容紹介

人生と社会のどん底から抜け出すための読書会

 ハーバード大学を卒業した著者は、ロースクールへ進む前に、アメリカ南部の最貧地域の町で2年間、ボランティアの教師となることを決める。だが、劣悪な環境で育った黒人の生徒たちに読書を通じて学ぶ楽しさを教え、誇りを持たせたいという著者の理想は、最初からつまずく。読書以前に、生徒たちの読み書き能力は年齢よりはるかに劣っていたのだ。自治体に予算がなく人々に職のない小さな町で、生徒は将来を思い描けず、学校は生徒を罰することしか考えていない。それでも著者の奮闘の甲斐あって生徒たちは本に親しみはじめるが、当局の方針によって学校が廃校になってしまう。
 ロースクールへ進んだ著者はある日、もっとも才能のあった教え子、パトリックが人を殺したという知らせを受ける。数年ぶりの彼は読み書きもおぼつかず、自分が犯した過ちに比べて重すぎる罪に問われていることが理解できていなかった。かつての聡明さを失った姿に衝撃を受けた著者は、拘置所を訪ねてともに本を読むことで、貧困からくる悪循環にあえぐ青年の心に寄り添おうとする。同時にそれは、ひとりの教師・法学生の自己発見と他者理解をめぐる、感動的な記録ともなった。

ミシェル・クオ

ミシガン州生まれの台湾系アメリカ人。ハーバード大学卒業後、アーカンソー・デルタのオルタナティブ・スクールで二年間、英語を教える。ポール・アンド・デイジー・ソロス研究奨励金授与財団フェローとしてハーバード・ロースクールに進学、カリフォルニア州オークランドのNPOで移民のために法的支援の仕事につく。プリズン・ユニヴァーシティ・プロジェクトでのボランティア教師、第九巡回区連邦控訴裁判所での法修習生の経験をへて、現在はアメリカン・ユニヴァーシティ・オブ・パリスで人種・移民問題や法律を教えている。本書が初の著作。

神田 由布子

英日翻訳家。東京外国語大学卒。訳書に『冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート』(SBクリエイティブ)、ジョン・ズコウスキー他『イラスト解剖図鑑 世界の遺跡と名建築』(東京書籍、共訳)等。