genkai-shobo.jp

世間とズレちゃうのはしょうがない


著者:養老孟司/著 伊集院光/著
価格:1,450円+税
刊行日:2020/10/15

出版社:PHP研究所
ISBN:978-4-569-84318-6
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

世間からはじき出されないことを願う理論派伊集院光と、世間からはみ出している養老孟司が、世間との付き合い方、抜け出し方を語る。



内容紹介

世間からはじき出されないことを願う理論派・伊集院光と、最初から世間からはみ出している理論超越派・養老孟司。博覧強記でゲーム好きという共通点がある二人が、世間との折り合いのつけ方を探ります。
見た目が大きくて、子どものころから同級生との違いをひしひしと感じ、「世間からはじきだされることがこわかった」という伊集院さんは、不登校になった理由や落語の道に進んだわけを明かしつつ、「人間はそもそも群れの中で生きる動物。『他人に優しくなるほうが得』ということになるんじゃないかな」と語ります。
一方「自分ははじめから世間から外れていた」と語る養老さんは、「都市においては、意識で扱えないものは排除されます」という都市論・世間論を展開。さらに、たまには世間から外れて世の中をながめてもいいんじゃないか、と世間から抜け出す方法を提案します。
抱腹絶倒のトークから、世間とズレながら生きていくヒントが得られる一冊です

養老 孟司

解剖学者

伊集院 光

タレント