genkai-shobo.jp

世界のどんぐり図鑑


著者:徳永桂子/著 原正利/著
価格:6,800円+税
刊行日:2020/11/20

出版社:平凡社
ISBN:978-4-582-54263-9
Cコード:0661
[図鑑](農林業)

世界各地のどんぐり132種類を実物大の大きさで細密な細密画で紹介する図鑑。葉、樹形、樹皮、芽生え、花などの絵も秀逸。



内容紹介

現地で直接採集した世界各地のどんぐり132種類を実物大のボタニカルアート(細密画)で紹介する図鑑。葉、樹形、樹皮、芽生え、花などの絵も秀逸。
(目次)
◆アジアのどんぐり(72種) ブナ/カクミガシ/オニガシ/トガリバガシ/リトカルプス・エレガンス/マテバシイ/クリ/スダジイ/インドクリガシ/クヌギ/ウバメガシ/アカガシ/オキナワウラジロガシ/クエルクス・ラメロサ/クエルクス・ケリー/モンゴリナラなど
◆ヨーロッパ・アフリカのどんぐり(22種) ヨーロッパブナ/トルコオーク/タボルガシ/コルクガシ/セイヨウヒイラギガシ/ケルメスオーク/クエルクス・ポンティカ/ヨーロッパナラ/フユナラ/ピレネーオーク/アルジェリアオーク など
◆アメリカのどんぐり(38種) アメリカブナ/コロンボバラヌス・エクセルサ/ゴールデンチンカーピン/チンカーピングリ/タンオーク/アカナラ/ピンオーク/ライブオーク/キャニオンライブオーク/ディアーオーク/ミューラーオーク/ホワイトオーク など
●ナンキョクブナのどんぐり(5種)
■解説
どんぐりって何?/どんぐりの誕生と進化/どんぐりの形/どんぐりの多様性/どんぐりの種類と分布/どんぐりと昆虫/どんぐりと動物/どんぐりと人
■コラム
「マダムオーク」とよばれた植物学者/どんぐりと照葉樹林/日本で一番大きなどんぐり/インドシナの熱帯山地林/どんぐりとタンニン/アメリカグリの大量死/南米パタゴニアから発見されたシイ属の化石/生物の学名について 他
●索引/学名索引



もくじ

(目次)
◆アジアのどんぐり(72項目)
ブナFagus crenata/イヌブナFagus japonica/カクミガシTrigonobalanus verticillate/パルンゲンシス Lithocarpus palungensis/オニガシLithocarpus lepidocarpus/マテバシイ Lithocarpus edulis/シリブカガシLithocarpus glabra/ クリCastanea crenata/スダジイCastanopsis sieboldii/ツブラジイCastanopsis cuspidate/クヌギQuercus acutissima/アベマキQuercus variabilis/アカガシQuercus acuta/イチイガシQuercus gilva/ツクバネガシQuercus sessilifolia/オキナワウラジロガシQuercus miyagii/ウバメガシQuercus phillyreoides/セメカルピフォリアQuercus semecarpifolia/ナラガシワQuercus aliena/カシワQuercus dentata/モンゴリナラQuercus mongolica subsp. mongolica/ミズナラQuercus mongolica subsp. Crispula など
◆ヨーロッパ・アフリカのどんぐり(22項目)
ヨーロッパブナFagus sylvatica/トルコオークQuercus cerris/ペルシャンオークQuercus brantii/コルクガシQuercus suber/セイヨウヒイラギガシQuercus ilex/ロトゥンディフォリアガシQuercus rotundifolia/アウケリQuercus aucheri/イスラエルオークQuercus calliprinos/ポンティカQuercus pontica/ヨーロッパナラ(イングリッシュオーク)Quercus robur/フユナラQuercus petraea/ダウニーオークQuercus pubescens など
◆アメリカのどんぐり(38項目)
アメリカブナ Fagus grandifolia/メキシコブナ Fagus mexicana/エクセルサColombobalanus excelsa/ゴールデンチンカーピンChrysolepis chrysophylla var. minor/ブッシュチンカーピンChrysolepis sempervirens/チンカーピングリCastanea pumila/タンオーク Notholithocarpus densiflorus/アカナラQuercus rubra/カリフォルニアライブオークQuercus agrifolia/エモリーオークQuercus emoryi/コスタリセンシスQuercus costaricensis/ライブオークQuercus virginiana/オレオイデスQuercus oleoides/キャニオンライブオークQuercus chrysolepis/パーマーオークQuercus palmeri/ディアーオークQuercus sadleriana/ミューラーオークQuercus cornelius-mulleri/ホワイトオークQuercus alba  など

●ナンキョクブナ科(5項目)
カニンガミイNothofagus cunninghamii/グンニイNothofagus gunnii/モーレイNothofagus moorei/ベチュロイデスNothofagus betuloides/ドンベイNothofagus dombeyi
■解説
どんぐりって何?/どんぐりの誕生と進化/どんぐりの形/どんぐりの多様性/どんぐりの種類と分布/どんぐりと昆虫/どんぐりと動物/どんぐりと人
■コラム
「マダムオーク」とよばれた植物学者/どんぐりと照葉樹林/日本で一番大きなどんぐり/インドシナの熱帯山地林/どんぐりとタンニン/アメリカグリの大量死/南米パタゴニアから発見されたシイ属の化石/生物の学名について 他
●索引/学名索引

徳永 桂子

イラストレーター。子ども向けの本のイラストレーターからスタートし、1994年頃からどんぐりの絵を描き始め、現在、世界各地に出かけ、世界のどんぐりの絵を描いている。2001年、英国王立園芸協会(RHS)ボタニカルアート部門金賞受賞。2014年には〈どんぐりの世界展〉(千葉県立中央博物館)、〈どんぐりとマツボックリ展〉(宮崎県総合博物館)に絵画作品を出品。著書に『日本どんぐり大図鑑』(2004年、偕成社)がある。

原 正利

元千葉県立中央博物館生態・環境研究部長。専門は森林生態学、植生学。大きな森林や樹木の生態に魅せられ、日本のブナ林や照葉樹林、東南アジアの熱帯山地林について研究してきた。近年は、熱帯のブナ科植物の分布について調べている。主な著書に『ブナ林の自然誌』(1996年、平凡社)、『どんぐりの生物学――ブナ科植物の多様性と適応戦略』(2019年、京都大学学術出版会)などがある。