genkai-shobo.jp

龍神の教え手帳【令和3年版】


著者:小野寺一貴/著
価格:1,800円+税
刊行日:2020/09/23

出版社:扶桑社
ISBN:978-4-594-08594-0
Cコード:0478
[ムック・その他](日記・手帳)


内容紹介


日本にゆかりのある神様、仏様、妖怪について学ぶ
(龍神と日本人の関係、日本人の信仰の流れを知る、仏教と日本人の関係、妖怪と日本人の関係、各月の紹介ページ)
日々の生活の中で、寺社にお参りして、祈りを捧げる(各月の神様、仏様、妖怪にまつわる寺社、日本全国寺社MAP)
③ 一年を通して祭事を楽しむ
④ 3つのワークを日々行い、手帳に書き込む
……等々、盛り沢山の手帳です。

小野寺一貴

作家・古事記研究者、1974年8月29日、宮城県気仙沼市生まれ。仙台市在住。山形大学大学院理工学研究科修了。ソニーセミコンダクタにて14年、技術者として勤務。東日本大震災で故郷の被害を目の当たりにして、政治家の不甲斐なさを痛感。2011年の宮城県議会議員選挙に無所属で立候補するが惨敗。その後「日本のためになにができるか?」を考え、政治と経済を学ぶ。2016年春、妻ワカに付いた龍神ガガに導かれ、神社を巡り日本文化の素晴らしさを知る。著書『妻に龍が付きまして…』『龍神と巡る 命と魂の長いお話』『やっぱり龍と暮らします。』などの龍神ガガシリーズは累計25万部のベストセラーに。現在も「我の教えを世に広めるがね」というガガの言葉に従い、奮闘している。