genkai-shobo.jp

「気候変動・脱炭素」14のウソ


著者:渡辺正/著
価格:1,500円+税
刊行日:2022/07/28 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:丸善出版
ISBN:978-4-621-30732-8
Cコード:0040
[単行本](自然科学総記)

図表を使わず気候変動,脱炭素を中学生にも十分理解できるよう解説。気候変動対策に疑義を投げかける1冊。



内容紹介

気候変動・脱炭素に関わる話の素顔と本質を図表なしで中学生にもわかるよう解説した本。気候変動でまかり通る7つのウソ(台風が狂暴化,南極の氷が減少など),脱炭素でまかり通る7つのウソ(再エネやEVはCO2削減に有効など)を徹底解剖。

以下「まえがき」から抜粋

人間が出すCO2を悪とみる営みに日本は2005年から年3〜5兆円(国民ひとり3〜4万円)も使い,この調子なら2030年まで使い続けます。総額は100兆円を超すでしょう。出所は電気代の上乗せ分と税金だから,読者めいめい気づかないままもう50万円以上を奪われ,今後も40万円ほど奪われる。合計100万円近くも誰かに貢ぐ…という現実をご承知でしたか? 3人家族のお宅なら,ほぼ250万円ですよ。

 その巨費は何をするのか? 温暖化を防ぎ,化石資源の消費を減らす-が能書きでした。しかしどちらも,いままで完璧な空振りだったし,これからも成功の目はありません。

もくじ

これだけはホント 大気にCO2が増え続けている

「気候変動」編
ウソ① 地球の気温は近年,ものすごく上がってきた
ウソ② IPCCの気温グラフは,現実をよく表している
ウソ③ 近ごろ台風が狂暴化し,水害も増えてきた
ウソ④ 人間がCO2を出すせいで, 北極と南極の氷が減ってきた
ウソ⑤ 人間がCO2を出すせいで,各地の氷河が縮小ないし後退中
ウソ⑥ 海水面の上昇,サンゴの死滅など,海に異変が起きている
ウソ⑦ 地球の気温は,大気のCO2濃度が決めてきた

「脱炭素」編
ウソ⑧ 温暖化対策は,世界の未来をよくするために提案された
ウソ⑨ 温暖化対策には,CO2の排出削減が最善の選択だった
ウソ⑩ 京都議定書やパリ協定は,十分な成果をあげてきた
ウソ⑪ 脱炭素は可能。成功すれば,温暖化の防止に役立つ
ウソ⑫ 太陽光発電や風力発電は,国のCO2排出を減らす
ウソ⑬ 電気自動車やバイオ燃料は,国のCO2排出を減らす
ウソ⑭ 脱炭素を説く方々は,気候変動を食い止めたい

参考文献
有用な情報源

渡辺 正

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket