genkai-shobo.jp

アマルティア・センの思想

政治的リアリズムからの批判的考察

著者:ローレンス・ハミルトン/著 神島裕子/翻訳
価格:4,200円+税
刊行日:2021/01/20

出版社:みすず書房
ISBN:978-4-622-08969-8
Cコード:1010
[単行本](哲学)

アマルティア・センはその広大な思想で何を壊し、何を作り上げようとしてきたのか? 気鋭の政治学者によるセン研究の最良の入門書。



内容紹介

「なぜセンが政治の現実の追求にそれほど熱心ではないのかに関する重要なヒントは、ケイパビリティと機能という言語そのものによって作り出された難読化にあるのかもしれない」
いまや「正義」について語る際には避けて通ることのできない経済学者・哲学者となったアマルティア・セン。彼はその広大な思想で何を壊し、何を作り上げようとしてきたのだろうか? 本書は「選択」「ケイパビリティ」「自由」「正義」「デモクラシー」の5つのテーマに沿ってそのエッセンスを抽出するものである。
センの想定する〈自由で独立したマスメディア〉とはどのように実現できるのか? 〈実効的な力としての自由〉とはどのような政治体で可能なのか? 著者はこれまで経済学や現代正義論の文脈で語られてきたセンの思想を、政治理論の文脈で捉えなおし、政治的リアリズムの視点から批判的考察を交えて解説する。
今後も学問領域を超越し、さまざまな角度から言及されるであろうアマルティア・センの思想を俯瞰できる、気鋭の政治学者による最良の入門書。

もくじ

緒言
謝辞
主要文献略号

序章

第1章 選択
1-1 社会的選択
1-2 剝奪
1-3 結論

第2章 ケイパビリティ
2-1 諸々のケイパビリティ
2-2 客観性
2-3 不完全性
2-4 結論

第3章 自由
3-1 先行研究
3-2 合理性
3-3 力
3-4 結論

第4章 正義
4-1 分配
4-2 不正義
4-3 比較
4-4 不偏不党性
4-5 結論

第5章 デモクラシー
5-1 公共的理性
5-2 人権
5-3 グローバルな必須事項?
5-4 結論

終章

訳者あとがき

参考文献
読書案内
索引

ローレンス・ハミルトン

1972年、南アフリカ共和国ダーバン生まれ。ケンブリッジ大学で博士号を取得後、現在はウィットワーテルスランド大学政治学部教授、ケンブリッジ大学政治学国際学部教授。専門は政治理論。著書にThe Political Philosophy of Needs (Cambridge University Press 2003), Freedom is Power: Liberty Through Political Representation (Cambridge University Press 2014), Are South Africans Free? (Bloomsbury 2014), Amartya Sen (Polity Press, Cambridge, 2019) 〔『アマルティア・センの思想』神島裕子訳、みすず書房〕ほか。

神島裕子

1971年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了。博士(学術)。立命館大学総合心理学部教授。専門は政治哲学。著書に『マーサ・ヌスバウム——人間性涵養の哲学』(中公選書 2013)『ポスト・ロールズの正義論——ポッゲ・セン・ヌスバウム』(ミネルヴァ書房 2015)『正義とは何か』(中公新書 2018)、訳書にロールズ『正義論 改訂版』(共訳、紀伊國屋書店 2010)ヌスバウム『正義のフロンティア——障碍者・外国人・動物という境界を越えて』(法政大学出版局 2012)オニール『正義の境界』(みすず書房 2016)ハミルトン『アマルティア・センの思想——政治的リアリズムからの批判的考察』(みすず書房 2021)ほか。