genkai-shobo.jp
季刊考古学 別冊

日本列島の人類史と製塩


著者:阿部芳郎/編集
価格:2,600円+税
刊行日:2022/08/17 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:雄山閣
ISBN:978-4-639-02846-8
Cコード:0321
[全集・双書](日本歴史)


内容紹介

季刊考古学・別冊38 日本列島の人類史と製塩

総論 資源利用史としての製塩―製塩の技術をどう解明するか―(阿部芳郎)

第1章 製塩研究の現状と課題
製塩研究の現状と課題(岩本正二)
実験考古学による製塩技術の実証(阿部芳郎)

第2章 東北日本における塩の利用史
アイヌ民族の塩利用(大坂 拓)
東北地方の縄文製塩の特徴(高橋 満)
特定地域①
松島湾における縄文~古代の製塩(菅原弘樹)
関東の製塩遺跡の特徴(宮内慶介)
特定地域②
霞ヶ浦沿岸における縄文製塩(亀井 翼)
縄文時代における製塩土器の出現と製塩活動―土器型式学の射程と展開―(阿部芳郎)

第3章 西南日本における塩の利用史
甲斐の国の古代製塩(平野 修)
東海の製塩遺跡(川添和暁)
古墳時代像と若狭の塩業(入江文敏)
都城の塩― 政治的中枢と古代の塩・食文化―(神野 恵)
古代文字資料と塩―木簡文書から―(馬場 基)
四国の古代製塩の展開―古代四国の製塩の背景―(栗林誠治)
九州における製塩土器の出現と地域性(藤本貴仁)
沖縄の塩田形態―羽地内海屋我地島の調査を中心に―(江上幹幸)

第4章 食文化としての塩
古代食の中の塩―食文化の中の塩―(三舟隆之)
考古学からみた江戸の塩と食文化(追川吉生)
内陸部の塩泉利用(栗島義明)
中国沿岸地域における塩業考古の現状と課題(槙林啓介)

阿部 芳郎

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

明治大学文学部教授 明治大学資源利用史研究クラスター代表 1959 年生まれ。明治大学大学院後期博士課程修了。史学博士。 主な著書に,『失われた史前学―公爵大山柏と考古学―』(岩波書店・2004 年),「縄文時代の生業と中里貝塚の形成」『中里貝塚』(北区教育委員・2000 年),「大森貝塚の調査と大森ムラの実像」『東京の貝塚を考える』(雄山閣・2008 年),「加曽利貝塚の形成過程と集落構造」『東京湾巨大貝塚の時代と社会』(雄山閣・2009 年),「「藻塩焼く」の考古学」『考古学研究』63―1(考古学研究会・2016 年),「余山貝塚の生業活動―骨角貝器の大量生産遺跡の出現背景―」『霞ヶ浦の貝塚と社会』(雄山閣・2018 年)などがある。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket