genkai-shobo.jp

石橋秀野の一〇〇句を読む 俳句と生涯

俳句と生涯

著者:山本安見子/著 宇多喜代子/監修
価格:1,500円+税
刊行日:2010/08

出版社:飯塚書店
ISBN:978-4-7522-2060-2
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

夭折の女流俳人石橋秀野。その美貌と才気は誰もが認めたが没後はその生涯までもベールに包まれた。本書は山本健吉、石橋秀野夫妻の一人娘の著者がそのわけを解き明かし代表作100句に娘ならではの解説を加えた。



内容紹介

現代俳句文学史のなかですっぽりと抜け落ちた夭折の女流俳人石橋秀野。その美貌と才気は生前多くの俳人たちに愛されたが、没後はその生涯までもベールに包まれてしまった。夫が、かの文芸評論家山本健吉であるにもかかわらず…。
本書はこれまで証されることのなかったその謎を一人娘の著者が、秀野の代表作とともに評伝式に解き明かし、文学史の空白を埋める一冊となりました。
読み進むにしたがって、自身の命を俯瞰するように見つめる作品は鬼気迫るものがあり、またその句の背景にある悲しいほどに切ない愛の形は、涙なしには読了し得ない感動のドラマです。
俳句ファンならずともこのノンフィクションの物語に引き込まれること間違いありません。

山本 安見子

エッセイスト 1942年、文芸評論家の山本健吉と俳人石橋秀野の一人娘として東京で生まれる。本名、石橋安見。 著書『走馬燈——父山本健吉の思い出』1989年富士見書房、『K氏のベレー帽——父・山本健吉をめぐって』2000年河出書房新社、ほか。

宇多 喜代子

現代俳句協会会長。女流俳人の第一人者。著書多数。