genkai-shobo.jp

不器用なまま踊りきれ。超訳 立川談志


著者:立川談慶/著
価格:1,500円+税
刊行日:2021/10/21

出版社:サンマーク出版
ISBN:978-4-7631-3939-9
Cコード:0030
[単行本](社会科学総記)

調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

不寛容社会を生きるすべての人へ

「世間体を守るためにする努力なんてバカのすることだ」

志の輔、志らく、談春など、名だたる落語家の生みの親であり、政界進出、二日酔い会見、『笑点』の立ち上げなど数々の伝説を残した、落語界の永遠の革命児・立川談志、没後10周年記念本。
談志を語る時、「破天荒」という言葉が使われることが多い。数々の争いを起こし、敵を作るのを厭わなかった談志評として間違ってはいない。だが、果たして本当にそうだろうか。「破天荒」というのは、あくまでもメディアに切り取られた一面でしかないように感じる。談志が亡くなって10年。談志を師と仰ぎ、10年間前座時代を過ごした著者が思うのは「談志は不器用で優しくて厳しい人間だった」ということだ。師匠が亡くなってからも著者の心を支え続けた談志の名言を新解釈でお届けする。

もくじ

第1章 成功と努力
第2章 仕事の流儀
第3章 幸せと金と欲望
第4章 社会と優しさ
第5章 何を信じるか

立川談慶

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

立川談慶(たてかわ・だんけい) 1965年、長野県上田市(旧丸子町)生まれ。 慶應義塾大学経済学部を卒業後、株式会社ワコールに入社。3年間のサラリーマン体験を経て、1991年に立川談志18番目の弟子として入門。前座名は「立川ワコール」。2000年に二つ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。2005年、真打ち昇進。慶応大学卒業の初めての真打ちとなる。著書に『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』(サンマーク出版)などがある。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket