genkai-shobo.jp

ベンチの足 考えの整頓


著者:佐藤雅彦/著
価格:1,800円+税
刊行日:2021/03/23

出版社:暮しの手帖社
ISBN:978-4-7660-0221-8
Cコード:0395
[全集・双書](日本文学、評論、随筆、その他)


内容紹介

NHK教育テレビ「ピタゴラスイッチ」や「0655」などを生み出し、
東京藝術大学映像研究科で教鞭をとる筆者が書き綴った、
『暮しの手帖』の大人気連載をまとめました。

ある夜、公園で背の高いベンチを見た。
妙だと思って、よく見てみたら、
そのベンチには大きな足がついていた――。

日常には、数え切れないくらいの「妙」があり
そのつど学ぶ理と、それでもこぼれる不可解さがある。
現代の考える人、佐藤雅彦による面白くて鋭い考察集。好評を博した『考えの整頓』、待望の第2集です。

今まで気が付かなかった巻き尺の不思議。知らない間につながっていた、あの歌姫との縁!
電車で隣の子どもが漏らした妙な言葉。故郷の小さな村で起きた大事件。トースターは誰が発明したのか?
なぞなぞ「家の中で一番年をとるところどーこだ?」など、
ともすると見過ごしがちな日常の「妙」に立ち止まる著者は、その「妙」に魅了され、真髄に迫ろうと考察していきます。
ベスト・エッセイ(日本文藝家協会編)に選出された「向こう側に人がいる」「たしかに……」や、
カンヌ国際映画祭に正式招待されるまでが綴られた「5名の監督」、本書のタイトルでもある「ベンチの足」ほか、全23編を収録。

佐藤 雅彦

1954年生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科教授。 NHK教育テレビで『ピタゴラスイッチ』『0655』『2355』など、 楽しく、わかる、気付く番組を制作。紫綬褒章受章。日本数学会出版賞ほか受賞多数。