genkai-shobo.jp

BTS オン・ザ・ロード


著者:ホン・ソクキョン/著 桑畑優香/翻訳
価格:2,100円+税
刊行日:2021/06/11

出版社:玄光社
ISBN:978-4-7683-1489-0
Cコード:0072
[単行本](写真・工芸)

BTSはいかにしてK-POPを超え、世界の人たちを動かしたのか。



内容紹介

BTSが切り開いた世代・文化・人種・ジェンダーに対する新しい考え方によって、世界地図はどう再配置されたのか。そこから生まれる、新しい文化と享受体系とは。そして、BTSは、どうやって世界で最もパワフルな現象を作ることができたのだろうか。

本書ではその理由を、韓国でも最高レベルの韓流分析家、ソウル大学言論情報学科ホン・ソクキョン教授がBTSのヒストリー、文化的、社会的、メディア的な観点から詳細なデータやグラフとともに多角的に解き明かしていきます。

もくじ

【目次抜粋】

プロローグ BTSとともに世界へ
BTSを通じて世界を見つめるということ / 世界化とデジタル文化時代のBTS / BTSが歩む道の上で / 前人未踏の旅をともにしながら

第1章  BTS、K-POPを超えてーK-POP産業の辺境から世界の大衆文化の中心に
 韓国と日本のアイドルシステムとBTS / BTSとK-POP、同じことと違うこと / K-POPを超えて世界へ etc…


第2章 トランスメディア BTSを理解する最も重要キーワード
 トランスメディアとは何か / BTSのトランスメディア戦略 / 3つの層で構成されるBTSトランスメディア / ファンによって完成するBTSトランスメディア etc...


第3章 世代論、階級論で読むBTS現象ーなぜ、世界の青年はBTSに熱狂するのか
 若者世代が生きる条件を歌う / 君たちは親世代のようには生きられない / 抵抗せよ、成功よりも成長 / 若者世代のアイコン;ビートルズ、デヴィッド・ボウイ、そしてBTS etc...


第4章 
ARMYになること、ARMYとして生きることーすべての現象の後ろに彼らがいた
 etc…

第5章  BTSと新しい人種的想像力ー BTSはいかにしてアジア人を「魅惑の対象」に変えたのか
 ローカルから世界へ、BTSがリードするK-POP / 韓国語で歌うグローバル・ポピュラー音楽 / 多文化な世界における文化的引用戦略 / 白人中心の人種的想像力の変化 / K-POPファンダムの人種的感受性 / ステロタイプとフェティシズムの間で etc…


第6章  BTSとオルタナティブとしての男性性ーBTSが若者世代のジェンダー感受性に与えた影響
 ソフトな男性性 / 有害でない男性性 / オルタナティブとしての男性性を超えジェンダーの問題へ / BTSの身体 etc…


エピローグ BTS、新時代の思想力

ホン・ソクキョン

ホン・ソクキョン ソウル大学校言論情報学教授、韓国屈指の韓流研究者。 ソウル大学校仏文学科卒業、フランスのグルノーブル大学で言論情報学で博士号を取得。 2000年からボルドー3大学言論情報学科副教授として在職し、2013年からソウル大学言論情報学科の教授として在職中。2007年から世界の韓流に関する論文を発表しており、2013年には韓流現象が東アジアの外でどのように流通し、文化的躍動性を形成するかを研究した本『グローバル化とデジタル文化時代の韓流』を発行。

桑畑 優香

桑畑 優香(くわはた・ゆか) 早稲田大学第一文学部卒業。延世大学語学堂・ソウル大学政治学科で学ぶ。 「ニュースステーション」ディレクターを経てフリーに。ドラマ・映画のレビューやK-POPアーティストへのインタビューを中心に『韓国語学習ジャーナルhana』『韓流旋風』『現代ビジネス』『デイリー新潮』『AERA』『Yahoo! ニュース 個人』などに寄稿・翻訳。訳書に『韓国映画俳優辞典』(ダイヤモンド社・共訳)、『花ばぁば』(ころから)、『韓国映画100選』(クオン)、『BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか』(柏書房)、『BTSとARMY わたしたちは連帯する』(イースト・プレス)、『家にいるのに家に帰りたい』(辰巳出版)などがある。