genkai-shobo.jp

医者が考案した「長生きみそ汁」


著者:小林弘幸/著
価格:1,300円+税
刊行日:2018/06

出版社:アスコム
ISBN:978-4-7762-0995-9
Cコード:0077
[単行本](家事)

自律神経の名医が考案! 体の不調がみるみる消える、日本人にとって最強の健康法



内容紹介

★【「金スマ」】(TBS系)
★【「世界一受けたい授業」】(日本テレビ系)
★【「ヒルナンデス!」】(日本テレビ系)
★【「ごごナマ」】(NHK)
著者出演で大反響!

★80万部突破! ベストセラー!!

自律神経研究の第一人者が考案!
日本人にとって最強の健康法!!

【体の不調がみるみる消える健康法】

考案者は自律神経研究の第一人者で
日本初の便秘外来を立ち上げた
腸のスペシャリスト、小林弘幸教授。

これまで多くの患者さんを診てきた
小林先生が気づいたのが
病気や不調は生活習慣によるところが
かなり大きいということです。

特に食事は重要です。

そこで本書が提案する健康法が
一日1杯の「長生きみそ汁」生活です。

【「長生きみそ汁」とは?】

小林先生は長年の研究成果をもとに、
もっとも慣れ親しむ料理をパワーアップできたら、
あらゆる不調を遠ざけ、無理なく続けられる、
最強の一品になるのではないかと仮説を立てました。

それが「長生きみそ汁」です。

「長生きみそ汁」は、
がんや糖尿病、動脈硬化など
健康長寿をさまたげる病気や不調を
遠ざける健康成分がふんだんに入った
最強のみそ汁です。

【「長生きみそ汁」のすごい健康効果】

一日1杯飲み続けていくことで
こんな驚きの健康効果が期待できます。

●自律神経のバランスが整う
過敏性腸症候群、アレルギー性鼻炎、
ストレスなどを軽減!

●腸内環境が整う
大腸がんリスク、便秘、冷え性、
花粉症、肌荒れを遠ざける!

●血液がサラサラになる
脳梗塞、不整脈、動脈硬化、
エコノミークラス症候群を予防・改善!

●生活習慣病を予防!
糖尿病、高血圧、高脂血症
などのリスクを低下させる!

●慢性疲労が改善
思考・集中力の低下、
倦怠感などが改善!

●メンタルトラブルを防ぐ
うつ病、睡眠障害、パニック障害、
強迫性障害を予防する!

●老化のスピードを抑える
肝疾患、シミ、シワ、
白髪、抜け毛を防ぐ!

【体験者から驚きの声続々!】

実際に「長生きみそ汁」を試して頂いた
体験者からも驚きの声が届いています。

「疲労度が下がってうれしい!」(60代女性)
「酸化ストレス度が低下してびっくり!」(30代女性)
「気持ちがスッとラクになりました!」(50代女性)
「おいしかった!続けていきたいです」(60代女性)

【しかも作り方はすごく簡単】

本書で紹介している材料を、
混ぜ合わせて凍らせる。

たったこれだけで「長生きみそ汁」
の素「長生きみそ玉」が作れてしまいます。

さらに「長生きみそ汁」は
野菜を追加していけばいくほど
効果がどんどん倍増していきます。

ぜひ一日1杯の
「長生きみそ汁」生活をはじめて
健康長寿を実現しましょう!

もくじ

はじめに

第1章 
簡単だから続けられる!
「長生きみそ汁」の作り方
●「長生きみそ汁」は驚きの効能!でも準備はたった3ステップ!
●4つの材料を混ぜるだけ!「長生きみそ玉」の作り方
●好みの食材でパワーアップ!「長生きみそ汁」の可能性は∞!
●もっと楽しみたいなら、簡単だしを入れてもOK!

コラム① 自律神経をコントロールする食べ方4か条

第2章 
不調がみるみる消える
「長生きみそ汁」最強の健康効果

●日本人長寿の秘密が進化 それが「長生きみそ汁」
●長生きへの近道は自律神経を整えることにある
●乳酸菌とオリゴ糖 ダブルの力で腸がキレイに!
●「長生きみそ汁」ファーストで血糖値の急上昇を抑える
●みその塩分では血圧は上昇しない
●玉ねぎの魔法の成分が血液サラサラ効果を生み出す
●中性脂肪とコレステロールはりんご酢パワーで下げられる
●リンゴポリフェノールの力が活性酸素を退ける
●しつこい疲労には「長生きみそ汁」が効く!
●がん細胞は「長生きみそ汁」が大嫌い
●女性の大敵“便秘”は「長生きみそ汁」でさようなら
●玉ねぎの血液サラサラ効果は冷え症の改善に効果大
●ジェットコースター血糖は酢酸で食い止める
●更年期障害の予防には大豆イソフラボン
●実際に飲むとどうなる?
体験者ほぼ全員の肉体的疲労度が低下する結果に!

コラム② みそに関する素朴なギモン

第3章
健康効果が倍増する!
「長生きみそ汁」アレンジレシピ

●レシピの見方
【野菜のみそ汁】
・こうばし野菜とお揚げさんのみそ汁
・なめこと豆腐のみそ汁/きのこたちのみそ汁
・にらと豚肉のみそ汁/カリフラワーとウインナーのみそ汁
・かぶとベーコンのみそ汁
・ズッキーニとミニトマト、アンチョビのみそ汁
・まるごとトマトのみそ汁/枝豆とミニトマトのみそ汁
・ごろごろかぼちゃのみそ汁/セロリとしらすのみそ汁
・ゴーヤとパプリカのスパイスみそ汁
・れんこんとさつまいものみそ汁
・長いもと梅のみそ汁/じゃがいもとコーンのみそ汁
・みぞれ大根とはんぺんのみそ汁/レタスとしゃぶしゃぶ餅のみそ汁
・キャベツと桜えびのみそ汁

【大豆製品のみそ汁】
・ねぎだく納豆汁
・わかめと豆腐のみそ汁/すくい豆腐とキムチの韓国風冷たいみそ汁
・豆腐とえのきだけのすっぱ辛いみそ汁/厚揚げの酒粕汁

【肉・卵のみそ汁】
・豚肉とパクチーのピリ辛みそ汁
・とろっとかぼちゃと豚ひき肉みそ汁/鶏肉と大根と春菊のみそ汁
・豆乳みそのお団子スープ
・卵とレタスのみそ汁/ふんわり卵とみょうがのみそ汁

【魚介類のみそ汁】
・まぐろと玉ねぎのみそ汁
・えびとアスパラガスのみそ汁/えびとマッシュルームのみそ汁
・ほたてと三つ葉のみそ汁/あさりとにんにくバターのみそ汁

【海藻・ストック食材のみそ汁】
・ひじきとごまのみそ汁/もずくとおくらのみそ汁
・めかぶとひらひら大根のみそ汁/とろろ昆布と梅干しの冷たいみそ汁
・ダブル大根とにんじんのみそ汁/春雨とほうれん草のみそ汁
・さば缶とたけのこのみそ汁/ささ身缶と豆苗のみそ汁

コラム③ 玉ねぎに関する素朴なギモン

第4章 
いつものおかずがパワーアップ
「長生きみそおかず」レシピ

【野菜・大豆製品のおかず】
・納豆みそのオムレツ
・にんじんとツナ、豆腐の炒め物
・みそポテトサラダ/ブロッコリーのピカタ
・れんこんのごろっときんぴら

【肉のおかず】
・焼きロールキャベツ
・豚肉のみそ焼き/スティックみそマヨチキンフライ
・手羽と大根の煮込み
・鶏肉とアスパラガスのみそレモンバター炒め

【魚のおかず】
・さけと野菜の酢みそ漬け
・さばのピリ辛みそ煮込み/あじのみそグリル
・かつおのねぎみそ和え/いかの炒め物

【ご飯・麺・パン】
・レンチンキーマカレー
・キャベツとチーズのリゾット
・ワンパンボロネーゼ/みそカルボ
・みそチーズトースト

【ディップ・たれ・ドレッシング】
・アンチョビみそマヨディップ
・ハーブみそチーズのディップ/みそごまだれ
・フレンチドレッシング風/中華風だれ

コラム④ りんご酢に関する素朴なギモン

第5章 
さらに病気を遠ざける
「長生きみそ汁」習慣のススメ

●病気を遠ざけるポイントは「習慣化」
●習慣1 朝起きたら、コップ1杯の水をぐいっと飲みほす
●習慣2 音楽とアロマの力でリラックス
●習慣3 3行日記を書く
●習慣4 「長生きストレッチ」で腸の動きを改善する
●習慣5 一汁一菜の「長生きみそ汁御膳」で自律神経を整える


●おわりに

小林弘幸

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。 1960年、埼玉県生まれ。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。 ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、 アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。 自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。 また、順天堂大学に日本初の便秘外来を開設した“腸のスペシャリスト”でもあり、 みそをはじめとした腸内環境を整える食材の紹介や、腸内環境を整えるストレッチの考案など、 様々な形で健康な心と体の作り方を提案している。 『聞くだけで自律神経が整うCDブック』、『自律神経を整えるぬり絵』(アスコム刊)などの著書のほか、 『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBSテレビ)などメディア出演も多数。