genkai-shobo.jp

小説 私の東京教育大学


著者:真木和泉/著
価格:1,091円+税
刊行日:2021/09/21

出版社:本の泉社
ISBN:978-4-7807-1824-9
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)

東京教育大学は、1960年代末~70年代初頭の学園紛争で唯一、歴史を閉じた大学である。半世紀を経て、かつての日々を愛惜込めて追尋する珠玉の小説群。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

東京教育大学は1960年代末~70年代初頭の学園紛争で唯一、歴史を閉じた大学である。本書解説で安藤信廣氏(東京女子大学名誉教授)はこう述べる、「教育大闘争は、複雑な課題を背負った闘いだった。それは何よりまず、大学の民主的運営を求め、筑波移転強行に反対する闘いだった。また教育大を廃学から救い、大学の自主的発展をかちとろうとする闘いだった。さらに、国家や大企業、軍事産業に追従する科学技術体制に反対し、科学技術の民主的発展を守る闘いだった。こうした課題は複雑にからみあっていたが、そのどれをとっても、日本の大学のあり方にかかわる根本的な問題だった」。この闘争の日々を体感した著者は、その日々を追尋すべく小説を書き綴る。愛惜込められた珠玉の小説群。


〈帯文〉
東京教育大学は、1960年代末~70年代初頭の学園紛争で唯一、歴史を閉じた大学である。
半世紀を経て、かつての日々を愛惜込めて追尋する珠玉の小説群。
主人公たちが求めた自治と自由と民主は、もはや色あせてしまったのか。
大学は確かになくなったが、たたかいは思想を生み、仲間を繫ぎ、彼らの人生を支えた。

もくじ

初雪の夜
もう一度選ぶなら
残照

解説 安藤信廣

真木和泉

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket