genkai-shobo.jp

ステントグラフト内挿術マニュアル 腹部編【動画を含む電子版付】


著者:森下清文/著・編集
価格:12,000円+税
刊行日:2020/09/14

出版社:日本医事新報社
ISBN:978-4-7849-6278-5
Cコード:3047
[単行本](医学・歯学・薬学)

日々の臨床で培われた技術の神髄を、文章と動画で次世代へ。



内容紹介

腹部大動脈瘤治療にパラダイムシフトを起こす可能性を秘めたステントグラフト留置術(EVAR)。
本邦でも普及が進むこの手技を、日本を代表する専門医が集結し、徹底解説。イメージング、適応、メーカー別デバイス紹介などの基本事項から、特殊病態、解剖学的困難症例、エンドリーク、合併症などの踏み込んだ内容までを網羅。付属の無料電子書籍(HTML形式)には160本を超える動画を収載し、文章や図表だけでは伝わりにくい手技のコツを開陳しています。
初学者だけでなく、さらに技を磨きたい中級者まで、幅広くご活用頂けます。
1.EVAR を始めるにあたって
2.基礎技術編
3.イメージング
4.EVAR の適応
5.コマーシャルデバイス
6.特殊病態
7.解剖学的困難症例
8.エンドリーク
9.合併症
10.治療の幅を広げる技術
11.open conversion 症例
12.long-term results
13.放射線被曝に対する防護

もくじ

1 EVAR を始めるにあたって
2 基礎技術編
3 イメージング
4 EVAR の適応
5 コマーシャルデバイス
 ① Aorfix
 ② AFX
 ③ ENDURANT
 ④ Excluder
 ⑤ Cook Zenith Alpha
6 特殊病態
 ① 破裂性腹部大動脈瘤
 ② 腸骨動脈瘤を合併したEVARの治療
 ③ 腸骨動脈閉塞合併例に対するEVAR
 ④ 感染性・炎症性腹部大動脈瘤
7 解剖学的困難症例
8 エンドリーク
 ① 総 論
 ② Type Ⅰ
 ③ Type Ⅱ
 ④ Type Ⅲ
 ⑤ Type Ⅳ
 ⑥ Type Ⅴ
9 合併症
 ① migration(マイグレーション)
 ② アクセストラブル
 ③ Embolism
 ④ 腎動脈閉塞
 ⑤ ステントグラフト脚閉塞
 ⑥ 臀筋跛行
10 治療の幅を広げる技術
 ① push up
 ② reverse slider technique
 ③ parallel leg(Double D technique)
 ④ upside-down technique
 ⑤ KILT法
11 open conversion 症例
12 long-term results
13 放射線被曝に対する防護
コラム1 Chimney法
コラム2 Ovation

森下清文

森下清文(もりしたきよふみ) 〈略歴〉 1982 年 北海道立札幌医科大学卒業 1982 年 札幌医科大学医学部 研修医 1997 年 札幌医科大学医学部 講師(外科学第二講座) 2001 年 札幌医科大学医学部 助教授(外科学第二講座) 2007 年 市立函館病院心臓血管外科 科長 2018 年8 月 市立函館病院 院長 〈資格〉 日本胸部外科学会指導医,日本外科学会専門医,日本外科学会指導医,心臓血管外科専門医 〈所属学会〉 米国胸部外科学会 国際会員(Society of thoracic Surgeons;STS),日本胸部外科学会 評議員,アジア心臓血管外科学会 会員,米国血管外科学会 国際会員(Society for Vascular Surgeons;SVS),日本静脈学会評議員 〈社会活動〉 函館市医師会 理事,北海道移植医療推進財団 理事,北海道医療対策協議会 委員,地方・地域センター病院協議会 会長,日本病院会北海道支部理事,北海道新型コロナウイルス感染対策専門委員会 委員