genkai-shobo.jp

法的思考の基礎 新・百万人の民法学 発展編(上)――不法行為(法)


著者:大村敦志/著・編集
価格:2,000円+税
刊行日:2022/07/06 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:商事法務
ISBN:978-4-7857-2973-8
Cコード:3032
[単行本](法律)

「考える」を突きつめた学びがここにある。



内容紹介

「考える」を突きつめた学びがここにある。

実際の事件を元に、まだ法学に触れていない中学生・高校生とともに「法律とはなにか」「社会/法とはなにか」を考える名授業が待望の書籍化。「考える」ことで導きだされる結論は法学を知る者にこそ「考える」ことの重要性を突きつける。「考える」全ての人におくる本、発展編から登場。

もくじ

〈主要目次〉

第1編 不法行為(法) 社会のルール(大きなルール&一階のルール)

 第0話 導入

  Part1 法とは何か

  Part2 損害賠償の政治力学

 第1話 名誉毀損の有無――ゴーマニズム宣言事件

  Part1 論評型の名誉毀損の判断基準

  Part2 判例の基準を批判的に検討する

 第2話 人格的利益の拡張――船橋市西図書館事件

  Part0 第1話の補足と導入

  Part1 図書の除籍は適切に行われたか

  Part2 不当な除籍と著者の利益はどう結びつくのか

 第3話 個人責任の限界――大川小事件

  Part1 大川小事件の事例から出発する

  Part2 個人責任の限界はどこにあるのか

 第4話 集合的利益の代表――国立マンション事件

  Part1 景観・景観利益とは何か

  Part2 集合的な利益をどう守るか

大村 敦志

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

学習院大学教授

Share

Twitter Facebook LINE Pocket