genkai-shobo.jp

チャイナドレス大全 文化・歴史・思想

文化・歴史・思想

著者:謝黎/著
価格:2,400円+税
刊行日:2020/06/24

出版社:青弓社
ISBN:978-4-7872-3470-4
Cコード:0039
[単行本](民族・風習)


内容紹介

チャイナドレスの起源は清朝時代の貴族が着た衣服で、清末期から民国期を経て、国際都市・上海で大流行して一世を風靡した。その後、中華人民共和国の樹立、文化大革命期、改革開放期へと激動した社会に伴って変化した受容と、海外での消費の実態とを描き出す。

もくじ

はじめに

序 章 なぜ旗袍(チャイナドレス)なのか
 1 問題意識――旗袍をどうとらえるか
 2 これまでの旗袍研究
 3 本書の構成

第1章 旗袍の由来
 1 袍服の歴史
 2 旗袍の定義

第2章 旗袍と身体
 1 中国伝統社会での女性の身体観
 2 民国期に起きた女性身体の「発見」

第3章 旗袍とジェンダー
 1 モダンガールの出現
 2 女性事務員と女性店員の社会的イメージ
 3 「女優日記」にみる旗袍が象徴する時代

第4章 旗袍とセクシュアリティー、そして革命
 1 中国社会の男女混装
 2 男女同権と服装の中性化

第5章 海を渡った旗袍1――台湾の華人社会と旗袍
 1 日本統治下の台湾旗袍
 2 日本統治後の台湾旗袍

【コラム】日本のチャイナドレス・イメージ

第6章 海を渡った旗袍2――マレーシアの海峡華人と旗袍
 1 サラワク州シブ市の華人社会と旗袍
 2 旗袍の「歴史性」と「ファッション性」

【コラム】ペナン仏教団体の制服旗袍――聞き書きと映像資料から

第7章 旗袍・唐装・漢服の論争――「中国人」の「伝統服」とは何か
 1 唐装は「伝統服」なのか
 2 漢服が「伝統服」なのか

【コラム】苗族女性の旗袍

あとがき

謝黎

1966年、上海生まれ。東北芸術工科大学芸術学部准教授。著書に『チャイナドレスの文化史』『チャイナドレスをまとう女性たち――旗袍にみる中国の近・現代』(ともに青弓社)。