genkai-shobo.jp

呪いの言葉の解きかた


著者:上西充子/著
価格:1,600円+税
刊行日:2019/05

出版社:晶文社
ISBN:978-4-7949-7088-6
Cコード:0036
[単行本](社会)

「嫌なら辞めろ」「母親なんだから」――政権の欺瞞から日常のハラスメント問題まで、そこに隠された「呪いの言葉」を徹底的に解く!



内容紹介

「文句を言うな」
「君だって一員なんだから」
「嫌なら辞めちゃえば?」
「母親なんだからしっかり」. . .

政権の欺瞞から日常のハラスメント問題まで、隠された「呪いの言葉」を
2018年度新語・流行語大賞ノミネート「ご飯論法」や
「国会PV(パブリックビューイング)」でも大注目の著者が
「あっ、そうか!」になるまで徹底的に解く!

「私たちの思考と行動は、無意識のうちに「呪いの言葉」に
縛られている。そのことに気づき、意識的に「呪いの言葉」
の呪縛の外に出よう。
思考の枠組みを縛ろうとする、そのような呪縛の外に出よう。
のびやかに呼吸ができる場所に、たどりつこう。
――それが、本書で伝えたいことだ。」(本文より)

もくじ

第1章:呪いの言葉に縛られない
1 嫌なら辞めればいいのだろうか
2 呪いの言葉の解きかた

第2章:労働をめぐる呪いの言葉
1 アルバイト学生の悩み
2 「カラスはやっぱり黒いです!」――『ダンダリン』
3 持ち込まれた分断――『サンドラの週末』
4 「だらだら残業」という呪い

第3章:ジェンダーをめぐる呪いの言葉
1 「妻」役割をめぐる葛藤――『しんきらり』
2 家事労働はなぜ無償か――『逃げるは恥だが役に立つ』
3 「母なるもの」が追い詰める
4 仕事の上では破綻は見せない――男性を縛る「呪い」
5 支援を受ける権利
6 私は黙らない

第4章:政治をめぐる呪いの言葉
1 原発事故後の情報過疎の中で
2 デモが変えるもの
3 政権との対峙
4 国会パブリックビューイング――可視化が持つ力

第5章:灯火の言葉
1 人を動かす言葉
2 相手と向き合う
3 仕事のうえでの言葉はリップサービスか
4 見つめた先に――『わたしは、ダニエル・ブレイク』
5 偽りの称賛とやりがい搾取

第6章:湧き水の言葉
1 視界が開けて、言葉が湧き出る
2 人生やり直しスイッチは、もう押さない――『カルテット』

あとがき
註一覧
付録 呪いの言葉の解きかた 文例集

上西充子

1965年奈良県生まれ。東京大学大学院経済学研究科第二種博士課程単位取得中退。 日本労働研究機構(現在の労働政策研究・研修機構)研究員を経て、2003年に転 職。現在、法政大学キャリアデザイン学部教授、同大学院キャリアデザイン学研 究科教授。 2017年3月に衆議院厚生労働委員会にて、2018年2月と2019年2月に衆議院予算 委員会にて、意見陳述(順に、求人トラブル問題、裁量労働瀬データ問題、統計 不正問題)。2018年6月より、国会パブリックビューイング(@kokkaiPV)代表。 著書に、『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』(石田眞・浅倉む つ子との共著、2017年、旬報社)、監修に『10代からのワークルール』(2019年、 旬報社)など。 『Yahoo! ニュース 個人』や『ハーバー・ビジネス・オンライン』に「働き方改革」 など時事問題を寄稿。