genkai-shobo.jp
吉本隆明全集

吉本隆明全集28 1994-1997

1994-1997

著者:吉本隆明/著
価格:6,800円+税
刊行日:2022/04/27 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:晶文社
ISBN:978-4-7949-7128-9
Cコード:0395
[全集・双書](日本文学、評論、随筆、その他)


内容紹介

雑誌編集部の挑発を受けて立って構成された『わが「転向」』、および西伊豆で水難事故に遭った前後の文章などを収める。単行本未収録53篇。月報は辺見庸さん(作家)、道浦母都子さん(歌人)、ハルノ宵子さん(漫画家・作家)が執筆。第29回配本。

もくじ


「自意識」
府立化学工業学校の思い出
わが「転向」
都市から文明の未来をさぐる
論争腺の話
愛着深い自作品について
まず政局のこと――政治・社会・経済を読む1――
いずれ物書き自身を廃棄処分にする時代が来るだろう
人間は思いがけぬ時間に、思いがけない場所にいたりする
まだのまないコーヒーの話
遥かな米沢ロード
もう一度政局のこと――政治・社会・経済を読む2――
日本における革命の可能性
心に残る友
情況への発言――徒党的発言の批判――[一九九五年五月]
心の理路について                            
大学をよくする方法
上野界隈の半世紀
いじめと童話
敗戦から五十年経った
東京論
不況の診断法――政治・社会・経済を読む3――
猫の部分
阪神大震災のこと
陶器への思い
阪神大震災の影響――政治・社会・経済を読む4――
サリン―オウム事件の残像――政治・社会・経済を読む5――
海辺のパチンコ
まだ不況圏にあり――政治・社会・経済を読む6――
「全共闘おじさんオウム・サリン事件を語る」に応えて
墓地に眠る猫さんへ
池の蓮・エノコロ草・八ツ頭
宗教と政治と社会と――政治・社会・経済を読む7――
プレ・アジア的ということ
二十一世紀への提言
溺体始末記
内省記――溺体事故始末――
いつもの年の晴れの日
私が出会った一冊――夏目漱石『硝子戸の中』――
江東往還
称名ホテルの一夜
ある夏の食事日記(抄)
情況への発言[一九九七年一二月]
直接購読者諸氏へ


ジャズ風のこころのリズム――安原顕『し・つ・こ・くふざけんな!』――
印象に残る映画
映画『全身小説家』を見て
追悼にならない追悼――吉行淳之介――
金杉忠男と中村座の初印象
幸田文について――しろうとの「粋」――
赤瀬川原平の路上観察学
谷川雁の死
どんな行動をしても乗ってくれない現実の表情を映し出したビートたけし――『みんな~やってるか!』――
伊丹十三・岸田秀『哺育器の中の大人――[精神分析講義]』
いじめの時代の子供たちへ――芹沢俊介⇔藤井東〔ファクス書簡〕を読む――
「地を継ぐ」柔和な人――小林平和――
角川春樹句集『檻』
私の野茂英雄論
『一言芳談』について
山口瞳――『現代評論』の頃――
20世紀の名著――私の三冊――
佐美雄短歌の魅力
形而上学的ウイルスの文学――村上龍『ヒュウガ・ウイルス』――
辺見庸『赤い橋の下のぬるい水』
「ハムレット」について
宮田勘吉――別れのことば――
安原顕について
高村光太郎[鑑賞]――「根付の国」「――に」「道程」「秋の祈」「レモン哀歌」「米久の晩餐」「ぼろぼろな駝鳥」「のつぽの奴は黙つてゐる」――
荒川洋治[鑑賞]――「見附のみどりに」――
稲川方人[鑑賞]――「(私は呼びます)」――
大塚英志『「彼女たち」の連合赤軍――サブカルチャーと戦後民主主義』
埴谷雄高さんの死に際会して
三木成夫『ヒトのからだ』に感動したこと
荒木写真とはなにか――荒木経惟論――


筒井康隆『断筆宣言への軌跡』――この本にかこつけて――
松浦理英子『親指Pの修業時代』の読み方。
奥泉光『石の来歴』から『滝』へ。
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』第1部・第2部
ヘア・ヌードのこと
G・ドゥルーズ/F・ガタリ『千のプラト―』
立花隆『臨死体験』
ビートたけし『顔面麻痺』
宮崎駿『風の谷のナウシカ』1~7巻
麻原彰晃『亡国日本の悲しみ』『日出づる国、災い近し』
瀬名秀明『パラサイト・イヴ』
ヨースタイン・ゴルデル『ソフィーの世界』
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』第3部
松本人志『遺書』『松本』
藤原伊織『テロリストのパラソル』
山田詠美『アニマル・ロジック』
近藤誠『患者よ、がんと闘うな』
宮崎学『突破者』一橋文哉『闇に消えた怪人』
内田康夫『崇徳伝説殺人事件』
渡辺淳一『失楽園』上・下
神戸タンク山事件
北野武監督『HANA-BI』
カール・セーガン『カール・セーガン 科学と悪霊を語る』

自然と倫理の中の透谷
消費が問いかけるもの

私の好きな文庫本ベスト5
94単行本・ベスト3
「死」を考えるために――この一冊

推薦の言葉[佐藤泰正]
わたしの岡井隆コレクション
『高村光太郎全集』増補版によせて
魂の難所にふれる作家[大原富枝]
島尾伸三『生活 照片雑文★★』
言葉の顔[杉本秀太郎]
普遍文学の先駆[柳田国男]

『背景の記憶』あとがき
『思想の基準をめぐって』あとがき
『情況へ』あとがき
『愛する作家たち』あとがき
『対幻想[平成版]』まえがき
『マルクス――読みかえの方法』あとがき
『わが「転向」』あとがき
『語りの海』あとがき
『日本人は思想したか』終りにひと言
『親鸞復興』まえがき
『親鸞復興』あとがき
『余裕のない日本を考える』あとがき
『定本柳田国男論』改装版に寄せて
『世紀末ニュースを解読する』あとがき
『言葉の沃野へ』文庫版のためのあとがき
『消費のなかの芸――ベストセラーを読む』あとがき
『宗教の最終のすがた』おわりに
『ほんとうの考え・うその考え』序
『ほんとうの考え・うその考え』あとがき
『夜と女と毛沢東』対談を終えて
『増補追悼私記』増補版のためのあとがき
『新・死の位相学』増補新版の刊行に際して
文庫版『わが「転向」』
『試行』第七三、七四号後記

解題
吉本隆明全集既刊訂正・補記

吉本隆明

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

吉本隆明(よしもと・たかあき) 1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket