genkai-shobo.jp

ガラスペンでなぞる ツキアカリ商店街

そこは夜にだけ開く商店街

著者:九ポ堂/著
価格:1,600円+税
刊行日:2021/12/27

出版社:つちや書店
ISBN:978-4-8069-1756-4
Cコード:2076
[単行本](諸芸・娯楽)

57のおはなしを、お気に入りのガラスペンや万年筆でインクと戯れながら覗いてゆく、文具好きなあなたのための1冊です。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

ブーム到来!インク沼人必見、”ガラスペンとインクで「書く」を愉しむ本”ができました。
ガラスペン×インク×書体で訪う、少し不思議な「ツキアカリ商店街」の世界!

活版印刷を用いた物語性のある紙雑貨を生み出す、九ポ堂(きゅうぽどう)「架空商店街ハガキ」の世界を、なぞり書きで楽しめる本に再構築。48のお店と57のおはなしを、お気に入りのガラスペンや万年筆でインクと戯れながら覗いてゆく、文具好きなあなたのための1冊です。

★なぞる書体は、57種類!
筑紫Aオールド明朝、筑紫A丸ゴシック、小琴遊かな、みちくさ、パルラムネ、はせミン、山本庵Rなど、おしゃれで個性的な書体をなぞります。

★書き味を楽しむ用紙は、7種類!
ノート・手帳でおなじみ、ライフ(株)の特別抄造紙「Lライティングペーパー」を、書籍本文用紙としてはじめて採用。他に画王、ライトスタッフGA、コスモエアライトなど、紙による書き味の違いが楽しめます。

★パカッと開く、PUR製本!
丈夫で開きやすいPUR製本を採用。細かいイラストや手書き罫もなぞりやすいので、書いたものを#手書き #インク沼 などのタグをつけて投稿する、SNS向けの画像撮影時にも重宝します。

九ポ堂

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

祖父が残した活版道具で作品作りを2010年にスタート。 九ポとは活字の大きさの9ポイントに由来。 少し不思議でクスリとしてしまう、物語性のある紙雑貨制作をしている。 ノートやマスキングテープなど、文具メーカーとのコラボレーション商品もある。 代表作は活版印刷による架空商店街ハガキシリーズ。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket