genkai-shobo.jp

絵がふつうに上手くなる本

はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣

著者:よー清水/著
価格:1,780円+税
刊行日:2021/05/25

出版社:SBクリエイティブ
ISBN:978-4-8156-0179-9
Cコード:2071
[単行本](絵画・彫刻)

みんなが知りたい《ふつう》を深掘りします



内容紹介

絵が上手い人や絵を仕事にしてるような人が「よく見て描いています」「絵で稼いでいます」などと一言で流してしまう、絵描きにとっての《ふつう》のこと。どのようにしているか? これまで語られなかった、みんなが一番知りたい《ふつう》の部分を徹底的に解説します!

ゲーム、アニメ、書籍の挿絵、グッズイラストなど多彩なジャンルで活躍するイラストレーター・よー清水が「絵が上手くなるにはどうしたらよいか」という表題の話題を中心に、「絵を描き始めたい人の疑問」や「絵を仕事にしたい人の疑問」などあらゆるレベルの悩みに答えます。
縦書きで手に取りやすいコンパクトサイズのイラスト技法書です。豊富な作例や挿絵を見ながらすらすらと読み進めることができます!


●絵のあらゆる疑問に答えます!

「絵を描き始めたい」(第1、2章)
ゲームやアニメやイラストを見て感動し、自分も絵を描けるようになりたいと思ったことはないでしょうか。でも絵を描いたことがないので、何をしたらよいかわからない、どんな道具をそろえたらいいの? という人に向けて、最初のステップを提案します。

「絵が上手くなりたい」(第3~8章)
「観察します。」「自分が伝えたいことを描きます。」など、絵が上手い人にとっては当たり前で、なかなか言語化されなかったテーマに着目し、絵の上達に悩んでいる人に向けた解決策を紹介します。
そもそも観察とはどうやるのか? 自分が伝えたいことをどうやって絵にするのか? 立体、デッサン、資料の見方、著作権、テーマの生成、構図、パース、ライティングなどの根本について、絵が上手い人が無意識レベルで《ふつう》にやってることを言語化し、具体例を交えてたっぷり約200ページにまとめました。絵が上手い人の《ふつう》を理解すれば、《ふつう》に上手くなれます。

「絵を仕事にしたい」(第9、10章)
絵の仕事がしたいという人が最初に悩む「進路」や「就職」の話から、フリーランスとして仕事を得るための営業、自己ブランディングの話を軸に、絵で安定的に稼いでる人はどのようにして仕事を得ているか? 仕事に必要なのは絵の技術だけか? といった疑問を現役で活躍している著者の具体例を交えつつざっくばらんに解説します。

もくじ

第1部 絵を描き始めたい
第1章 グリッド模写で絵を描く楽しさを知ろう
第2章 デジタルの色塗りを試してみよう

第2部 絵が上手くなりたい
第3章 上手い絵とは何か
第4章 単純観察と分割観察 ― 立体が表現できている絵(1)
第5章 資料の見方 ― 立体が表現できている絵(2)
第6章 共感の作り方 ― 伝えたいことが伝わる絵(1)
第7章 構図の決め方 ― 伝えたいことが伝わる絵(2)
第8章 光を感じる絵

第3部 絵を仕事にしたい
第9章 イラストレーターになるまでに考えたいこと
第10章 フリーランスのイラストレータとして生きる

よー清水

イラストレーター、コンセプトアーティスト。PlayStation 4, Nintendo Switch や、スマートフォン向けの商業ゲームのコンセプトデザイン、設定画、背景などを中心に制作。近年ではスクウェア・エニックス制作『FINAL FANTASY VII REMAKE』のコンセプトアート、キングレコード制作『ヒプノシスマイク』の背景デザイン、WIT STUDIO 制作 劇場版アニメ『甲鉄城のカバネリ』のイメージボード、iPad 用イラスト制作アプリ『Adobe Fresco』の開発協力、ウルトラジャンプ連載漫画『終末のハーレム ファンタジア』のデザイン協力など、ゲームだけに留まらず、アニメ、映画、音楽、漫画、書籍、クリエイターソフトの開発などあらゆるメディアへ活動の場を広げている。