genkai-shobo.jp

東京まちなか超低山

50メートル以下、都会の名山100を登る

著者:中村みつを/著・イラスト
価格:2,000円+税
刊行日:2021/05/20

出版社:ぺりかん社
ISBN:978-4-8315-1593-3
Cコード:0026
[単行本](旅行)

東京には「超低山」がたくさん! まちなか登山の楽しみ方をイラストで綴るガイドブック。新装版特典「くじら山」ポストカード付。



内容紹介

登山口と山頂の標高差50メートル以下、このスケールの山を超低山と名づけ、東京まちなかの登山の楽しみをガイドする本。東京アルプス、代官山トレイルほか、街歩きも絡めた多彩な魅力をもつ縦走コースと、巻末リストも含めると100座の超低山を紹介。空中から俯瞰した超低山のあたたかみのあるカラーイラストとふわりとしたエッセイ風の探訪記で、江戸~東京に築造され、長年付近の住民から愛され続けてきた「小さな山」の魅力を伝える。新装版特典「くじら山」ポストカード付き。

もくじ

序 超低山の楽しみ方

1章 思い立ったらすぐ行ける山
 愛宕山(港区愛宕/標高26㍍) 天然の山としては23区内最高峰
 飛鳥山(北区王子/標高26.4㍍) 江戸っ子たちの花見の名所
 池田山(品川区東五反田/標高29㍍) 城南五山のひとつ、起伏に富んだ高台
 三笠山(千代田区日比谷公園/標高9㍍) 大らかな裾野を広げた優美な山容
 待乳山(台東区浅草/標高9.8㍍) 東京でもっとも小さい天然の山
 箱根山(新宿区戸山/標高44.6㍍) 山手線内で最高峰、山頂に風景指示盤も
 西郷山(目黒区青葉台/標高36㍍) 山頂からの夕日を眺めておきたい山
 おとめ山(新宿区下落合/標高33㍍) 「落合秘境」と呼ばれた都心の濃密な森
 コラム 忘れられた山 その① 富士山縦覧場

2章 歴史を味わう小さな山
 藤代峠(文京区本駒込/標高35㍍) 庭園を見下ろす文京区最高峰
 浜離宮三山(中央区浜離宮庭園/高さ5㍍) お台場を一望できる美しい築山
 大山(港区海岸/高さ約5㍍) 高層ビルに囲まれ、自然を感じられる場所 
 千駄ヶ谷富士(渋谷区千駄ヶ谷/高さ約7㍍) 現存する都内最古の富士塚
 品川富士(品川区北品川/高さ約7㍍) 穂高を思わせる迫力の岩壁!
 鉄砲洲富士(中央区湊/高さ約5㍍) 槍ヶ岳の穂先のようなゴツゴツ感 
 江古田富士(練馬区小竹町/高さ約8㍍) 駅を出て1分、まさに駅前富士
 長崎富士(豊島区高松/高さ約8㍍) 住宅街に忽然と現れる富士
 成子富士(新宿区西新宿/高さ約12㍍) 時空を超えた存在感、溶岩の城壁
 コラム 忘れられた山 その② 狭山富士

3章 山と山をつないで縦走へ
 東京アルプス(芝丸山→紅葉山→東京タワー大展望台→愛宕山→西久保八幡山) 都会の真ん中の縦走路
 下町アルプス(摺鉢山→大仏山→道灌山→飛鳥山) 景勝地が並ぶ人気のピクニックコース
 渓谷ハイキング(等々力渓谷→大塚山) 一瞬にして別世界へ。都市の渓谷へ
 代官山トレイル(目黒元富士→目黒新富士→猿楽塚→西郷山) ハイセンスな町並みをトレッキング
 山の手アルプス(椿山→高田富士→箱根山→天神山→西大久保富士→新宿富士) 目白台から東新宿へ山手の名峰をつなぐ 

4章 少し足を伸ばして郊外へ
 くじら山(小金井市前原町/標高53㍍) 緑の海原に丸い山頂、原っぱのシンボル
 カニ山(調布市深大寺南町/標高約50㍍) 武蔵野の面影残す雑木林の山
 浅間山(府中市若松町/標高79.6㍍) 超低山ではトップクラスの山容
 馬の背(小平市花小金井南町/高低差5㍍) 見晴らしのいい爽快な尾根道
 枡形山(神奈川県川崎市多摩区枡形/標高84㍍) 駅近、雑木林、文句なしの大展望
 荒幡富士(埼玉県所沢市荒幡/標高109㍍) すっくと美しい円錐型の小高い山 

付録 東京の超低山百名山リスト

中村 みつを

中村みつを(なかむら・みつを) 1953年、東京生まれ。イラストレーター、画家。自然や旅をテーマにした、イラストとエッセイの作品を多く手がける。これまでにヒマラヤをはじめ、ヨーロッパアルプス、南米パタゴニアなどを旅する。読売新聞連載の『一歩二歩山歩』(文・みなみらんぼう)に挿絵を描き20年目を迎える。1998年、丸善日本橋店での原画展を皮切りに、各地で個展を開催。著書に『のんびり山に陽はのぼる』(山と渓谷社)、『山旅の絵本』(JTBパブリッシング)、『お江戸超低山さんぽ』(書肆侃侃房)、『森のくらし』(二見書房)、共著に『ビビ』、『ビビのアフリカ旅行』(ポプラ社)、『山の名前っておもしろい!』(実業之日本社)など多数。日本山岳会会員。