genkai-shobo.jp
王様文庫

眠れないほどおもしろい吾妻鏡

北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」

著者:板野博行/著
価格:780円+税
刊行日:2021/11 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:三笠書房
ISBN:978-4-8379-6986-0
Cコード:0195
[文庫](日本文学、評論、随筆、その他)

「鎌倉殿」と呼ばれ、武家の世をつくった源頼朝。その幕府の公式レポート『吾妻鏡』に描かれた討滅、謀略、権力闘争の真実とは!



内容紹介

「鎌倉殿」と呼ばれ、武士の世をつくりあげた源頼朝。
その鎌倉幕府の「公式レポート」、
『吾妻鏡』の世界へようこそ!

源頼朝、北条義時、後鳥羽院、北条政子…
鎌倉時代を彩るオールスターが勢ぞろい!

【著者より】
なぜ、源氏将軍はたった三代で断絶したのか?
政治の実権を握った北条氏とは何者なのか?
鎌倉幕府の歴史を記録した
『吾妻鏡』をひもといていきましょう。
……板野博行

「武家の世」は、こうしてつくられ、もみくちゃに

・源頼朝は「後顧の憂い」を徹底的に絶ったはずだったのに…
・北条氏の「家柄ロンダリング」とは
・尼将軍・北条政子は「女スパイ」だったのか
・北条義時は将軍家を滅ぼした「逆臣」なのか
・「御恩は山より高く、海より深い」――世紀の大演説
・最強上皇・後鳥羽院はなぜ「承久の乱」に負けたか
・鎌倉殿の十三人――「最後に笑った」のは?

板野 博行

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

板野博行(いたの・ひろゆき) 岡山朝日高校、京都大学文学部国語学国文学科卒。 ハードなサラリーマン生活から、予備校講師に転身。 カリスマ講師として、全国の生徒に向けての講義や参考書を執筆。 『吾妻鏡』の中で好きな人物は、和田義盛。 著書に、『眠れないほどおもしろい源氏物語』『眠れないほどおもしろい百人一首』 『眠れないほどおもしろい万葉集』『眠れないほどおもしろいやばい文豪』 『眠れないほどおもしろい徒然草』『眠れないほどおもしろい平家物語』(以上、三笠書房《王様文庫》)の他、多数。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket