genkai-shobo.jp

漫画 君たちはどう生きるか


著者:吉野源三郎/著 羽賀翔一/イラスト
価格:1,300円+税
刊行日:2017/08

出版社:マガジンハウス
ISBN:978-4-8387-2947-0
Cコード:0030
[単行本](社会科学総記)

人間としてあるべき姿を求め続ける コペル君とおじさんの物語。 出版後80年経った今も輝き続ける 歴史的名著が、初のマンガ化!



内容紹介

人間としてあるべき姿を求め続ける
コペル君とおじさんの物語。
出版後80年経った今も輝き続ける
歴史的名著が、初のマンガ化!

1937年に出版されて以来、
数多くの人に読み継がれてきた、
吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。
人間としてどう生きればいいのか、
楽しく読んでいるうちに
自然と考えるように書かれた本書は、
子供はもちろん
多くの大人たちにも
共感をもって迎えられてきました。
勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
昔も今も変わらない人生のテーマに
真摯に向き合う
主人公のコペル君と叔父さん。
二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が
数多く示されています。
そんな時代を超えた名著が、
原作の良さをそのままに、
マンガの形で、今に蘇りました。
初めて読む人はもちろん、
何度か読んだことのある人も、
一度手にとって、
人生を見つめ直すきっかけに
してほしい一冊です。

もくじ

1、へんな経験                 
  ものの見方について(おじさんのノード)   
2、勇しき友 前編                 
3、勇しき友 後編               
  真実の経験について(おじさんのノート)   
4、ニュートンの林檎と粉ミルク         
  人間の結びつきについて(おじさんのノート) 
5、貧しき友                  
  人間であるからには(おじさんのノート)   
5、ナポレオンと4人の少年           
  偉大な人間とはどんな人か(おじさんのノート)
7、雪の日の出来事               
9、石段の思い出                
  人間の悩みと、過ちと、偉大さについて(おじさんのノート)
10、凱旋(仮題)               
10、春の朝(仮題)              

吉野源三郎

編集者・児童文学者。1899(明治32)年〜1981(昭和56)年。 雑誌『世界』初代編集長。岩波少年文庫の創設にも尽力。

羽賀翔一

漫画家。2010年『インチキ君』で第27回MANGA OPEN奨励賞受賞。 2011年にモーニングで『ケシゴムライフ』連載、2014年に単行本発売。近刊に『昼間のパパは光っている』