genkai-shobo.jp

アスク・ミー・ホワイ


著者:古市憲寿/著
価格:1,400円+税
刊行日:2020/08/27

出版社:マガジンハウス
ISBN:978-4-83873111-4
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)

突然のキスから始まった それは恋? 友情? それとも…… boy meets boyの甘く切ない恋愛小説



内容紹介

過去はね、変えられるはずなんだよ。
もしかしたら、未来よりもずっと簡単に

初めて港くんと会ったのは、大寒波が到来した冬の日だった。
港颯真・元俳優。写真週刊誌のスキャンダル報道によって、彼は、
少し前に芸能界から姿を消した。
ヨーロッパの街を転々としていたようが、
ここアムステルダムに住み始めたという噂は本当だったのだ。

初めはブルーやグレー、
途中から淡いピンクが重なったり。
彩りはあるけど、虹色と括れなくて、
すごく好きな世界でした。ーーー乃木坂46 高山一実

心も、身体も、酒も、誤解も。
溶け始めた瞬間が、最も艶めかしく、
意識の奥底を温める。
この物語には、人々の瘡蓋を溶かす、   
蒼い陽射しがある。 ----リリー・フランキー



古市憲寿

1985年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。日本学術振興会「育志賞」受賞。若者の生態を的確に描出した『絶望の国の幸福な若者たち』で注目され、メディアでも活躍。初めての小説単行本『平成くん、さようなら』と『百の夜は跳ねて』は連続して芥川賞候補作となり注目される。他に『奈落』や、新書『だから日本はズレている』『誰の味方でもありません』など著書多数。