genkai-shobo.jp
マイナビ出版ファン文庫

芦屋ことだま幻想譚


著者:石田空/著 縞/イラスト
価格:680円+税
刊行日:2020/10/20

出版社:マイナビ出版
ISBN:978-4-8399-7233-2
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

売れない作家・蘇芳望が言霊による禍を解き明かす!



内容紹介

ハウスキーパーの北村茜は、芦屋にある大きな日本家屋の家に派遣された。
そこに住んでいるのは変わりもの小説家・蘇芳望だった。
彼のところで働き始めて数日経った朝、最近近所で起きているボヤ騒ぎのことで警察がやってきた。
実は蘇芳は副業で“言霊遣い”をしており、暴走した言霊(言禍)が巻き起こす事件を解決していた…!

ファン文庫大人気シリーズ『神様のごちそう』の著者が描く、現代ダークファンタジー開幕!

言霊が具現化し禍(わざわい)を引き起こす――

もくじ

序章
かちかち山
オオカミ少年
おしゃれなカラス
眠れる森の美女 前編
眠れる森の美女 前編
終章

石田 空

◆著者 石田空(いしだ・そら) 大阪府生まれ。10年以上前に個人サイトを立ち上げて自作の小説発表をはじめる。 やがてウェブ小説サイトへ投稿するようになり、2013年『スイッチの入った瞬間』で電子書籍デビュー。 16年に「失恋美容院」で第2回「お仕事小説コン」特別賞を受賞。受賞作を改題した『サヨナラ坂の美容院』で紙書籍デビュー。 紙書籍2作目となる『神様のごちそう』が発売後即重版のヒット作となった。 著書に『縁切り神社のふしぎなご縁 』(一迅社)、『吸血鬼さんの献血バッグ』(新紀元社)などがある。