genkai-shobo.jp

女性は「透明感」で人生が変わる


著者:朝倉みやこ/著
価格:1,500円+税
刊行日:2022/05/24 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:WAVE出版
ISBN:978-4-86621-419-1
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

誰でも今すぐ、透明感ある雰囲気をまとい、より輝くために! 外見も内面も「透明感ある美しい大人」になるためのメソッドを紹介



内容紹介

転職・起業・年収アップ・恋愛・婚活・プレゼン…etc.
大人になるほど人生を左右するのは、メイクでもブランド品でもなく「透明感」。
「頑張っているのに上手くいかない」「自分に自信が持てない」、そう感じるアラサー・アラフォー女性は、透明感を磨いていくと、クラス感が醸し出され、“実力以上”の「未来を選べる」女性に!

では、どう磨けばいいか?
そのカギは「3つの印象」。
大人の透明感は「印象」で決まると言っても過言ではありません。

この本は、ブランディングスクールを主宰する著者が、外見も内面も「透明感ある美しい大人」になるためのメソッドを、3つのシーンに分けて紹介。
1出会って3秒の《第一印象》、2出会って30秒の《第二印象》、3その後の関係によって作られる《第三印象》。
そのすべてで、好印象を与える行動や考え方を伝授。
著者がCHANEL・大手商社勤務から得てきた数々の知見が満載です。

誰でも今すぐ、透明感ある雰囲気をまとい、より輝くためのレッスンを1冊に詰め込みました。

もくじ

--------------------
はじめに

プロローグ:コンプレックスは「後天的美人」をつくりだす

◇あなたは今より10倍綺麗になる!
◇美人には「先天的」と「後天的」がある
◇綺麗な人は、なぜ綺麗に見えるの?
◇美人の《印象》はあなた自身がつくっていける
◇コンプレックスは神さまがくれたプレゼント
◇「後天的美人」に変身しましょう

第1章 出会って3秒の《第一印象》を《美人印象》に変えましょう

・顔の4ゾーンのくすみをなくして健康的に!
・お肌の〝かかりつけクリニック〟を持とう
・メイクや香水は〝わきまえ〟のあるつけ方が基本
・大人の小顔ケアはやっぱりフェイスライン
・三つの表情筋を鍛えて《好印象》を残そう
・髪も身体もほどよいボリューム感が魅力的
・髪のエイジングサインには肌以上のケアを!
・《美人印象》はまっすぐの背中からつくられる
・運命のジーンズは〝体形維持〟のモチベーション!
・スクワットは美人をつくる究極のエクササイズ
・知っておきたい「大人の眼鏡選び」のポイント
・《第一印象》は脚の揃え方・組み方で違ってくる

第2章 出会って30秒の《第二印象》で「品性」を伝えましょう

・素敵な人の持ち物が高級そうに見えるのはどうして?
・高級ブティックで〝特別待遇〟される本当の理由
・「ファストイン スローアウト」で優雅さを身につけよう
・「綺麗」な雰囲気を醸し出す秘訣は〝無駄のない所作〟
・脇の開き数センチで《印象》はコントロールできる
・《第二印象》を決めるのは「話し方&声の大きさ」
・あなたに似合う「グレージュ」でコーディネート!
・品のよさが香り立つ「デートの三種の神器」
・おしゃれに持ち歩けるウィズコロナの「三種の神器」
・スマホは美指・美姿勢で持つと《美人印象》になる
・スニーカー選びは「フェミニン×ローファー」感覚で
・あなたらしさを引き立たせてくれるバッグの選び方
・大人のネイル選びのポイントはワンカラー!
・女優さんを意識して品よく汗を拭いましょう
・フレグランスは今日を頑張るためのスイッチ!
・柔軟剤の「香りすぎ」にはご用心
・足元のオシャレの鉄則は場をわきまえた〝清潔感〟
・機能的なボディメイク・アイテムを取り入れよう

第3章 《第三印象》でまわりから愛される大人の女性になりましょう

・その悩みはあなたが原因ではありませんか?
・自分の「魅力」=武器を増やしていこう
・チャーミングな女性は素直でリアクション上手!
・メールでこそ四季を感じさせる言葉が心に響く
・「手土産」を選ぶときに大切な五つのポイント
・会食でお酌を頼まれたときのスマートな対応は?
・あなたの準備不足は相手にとっては〝時間泥棒〟
・大人の女性が目指したいチームマネジメントとは?
・一流は自分主体でなく「相手主体」で物事を見る
・マイナスの出来事はプラスの《印象》に変えるチャンス!

第4章 《美人印象》でエレガントな人生を歩んでいきましょう

・〝魔法使いのおばあさん〟はいつもどこかで見ている
・今あることに感謝してコンプレックスを手放そう
・あなたの口から出る言葉があなたをつくっていく
・プレシャスな世界での「体験」が教えてくれること
・自分の選択に責任を持つと人生が輝いてくる
・いくら相手が悪くても自分の責任はゼロじゃない
・育ちのいい人は〝エレガントな野心〟を持っている
・求められるのは佇まいも多様に変化させられるヒロイン
・自分に似合うものを知ることが大人の「教養」
・友人関係では互いの人生のスタイルを尊重しよう
・身体の先端を優雅に潤して、心にゆとりを持とう
・名刺ケースに忍ばせる〝あなただけ〟の香り
・レストランなどでの撮影マナーを知っておこう
・SNSのスタンプや絵文字は関係性で決めよう
・返事のタイミングは相手のころ合いを見計らって

第5章 人生の輝きをつかんだ女性たち

「相手にベクトルを向ける」ことで人間関係が変わった(20代後半 保育士)
「今のあなたのほうが綺麗」と言われるようになって(30代後半 会社員)
子どもにもきちんとしたマナーを教えてあげたい(30代前半 医師)
「男っぽい」と言われた私がみんなから愛される大人の女性に(40代 起業家)

おわりに

朝倉 みやこ

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

RICCA主宰/ブランディングディレクター/マナー講師/裏千家茶道茶名(専任講師) 女学校で礼節を教えていた祖母と、裏千家茶道を嗜む母の影響から、所作や立ち居振る舞いに興味を持ち、高校の必修課程にて礼法を学ぶ。大学ではイギリス短期留学を経験後、ボランティア通訳の活動を行う。 卒業後はシャネルへ入社し、世界の富裕層が集まる銀座で5,000人以上の接客を担当。その後、大手総合商社へ転職し、投資部門等で10年以上秘書を務める。 30代前半での妊娠・出産を機に「自分の好きなことを昇華させ、輝く女性を増やしたい」とマナー講師として独立。 集客ゼロからマーケティングやブランディングの試行錯誤を続け、機動にのせる。 現在は、自身が得た成功法則をノウハウ化し、女性講師業に特化したブランディング事業を展開。 多くの女性経営者、エステサロンオーナー、料理教室講師、テーブルコーディネイト講師、キャリアコンサルタント等から「コロナ禍でも売り上げが2倍になった」などの声で支持され、『日経クロスウーマン』他、WEBや雑誌などのメディアにも出演。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket