genkai-shobo.jp

フランスで大人気の日本料理教室


著者:梛木春幸/著
価格:1,500円+税
刊行日:2020/09/04

出版社:三才ブックス
ISBN:978-4-86673-197-1
Cコード:0039
[単行本](民族・風習)

日本のみならず世界で活躍する食育日本料理研究家の梛木春幸氏が自身の経験や取り組みを交えつつ、「日本料理」について伝える。



内容紹介

日本のみならず世界で活躍する食育日本料理研究家の梛木春幸氏が自身の経験や取り組みを交えつつ、「日本料理」について伝える。
先人たちが築き上げてきた食文化「日本料理」を次の世代や世界の人たちに伝えるべく、日本人として最低限知っておきたい「教養」を1冊にまとめました。

梛木春幸

食育日本料理家。辻調理師専門学校を卒業後、京都の料亭で修行を積み、ホテルや割烹での総料理長などを務める。2005年に懐石料理「お任せ料理樹楽」を天文館にオープン。2011年、地元の漁師さんからの相談をきっかけに、桜島の火山灰と市場原理の都合で捨てられていた魚を使って「桜島灰干事業」を開始。当初はやっかいな火山灰を使った事業は成功しないといわれ、誰からも見向きもされなかったが、くさみを消し旨みを増した魚の味が評判となり、2014年「桜島灰干し弁当」が九州駅弁準グランプリ受賞。同年農林水産省主催の「フードアクションニッポンアワード食文化賞」を受賞して風向きが変わる。2018年には『ガイアの夜明け』登場、大きな反響を呼んだ。現在は全国で食育日本料理家、地域活性事業のプロとして年間200件以上の講演を精力的に行う。また薩摩黎明プロジェクトのメンバーとして年にフランスへ行き、パリやエクス・アン・プロヴァンスのレストラン、マルセイユの日本大使館公邸や総領事公邸などで1日総料理長として日本料理の腕を振るう。フランス人向けの日本の食文化講演や日本料理のマナー教室なども多数開催。