genkai-shobo.jp

個展物語


著者:上野茂都/著
価格:1,800円+税
刊行日:2021/02/26

出版社:青林工藝舎
ISBN:978-4-88379-481-2
Cコード:0071
[単行本](絵画・彫刻)

わずか数日の会期の為にコツコツと造り続ける、そんな日常と彫刻創作の哀楽物語。 芸術嫌いな人でも読める、笑って泣ける作品集。



内容紹介

わずか数日の会期の為に、コツコツと造り続ける……
そんな日常と創作の哀楽を「掛け合い」で綴るモノガタリ。
1986年〜2019年の間に開催した個展の一風変わった記録の書。
芸術嫌いな人でも読める「笑って泣ける作品集」!!
著者の上野茂都氏は、ゲルニカで戸川純氏とユニットを組んだ上野耕路氏の実弟で、音楽方面でも知る人ぞ知るミュージシャンです。本書も上野氏の作る歌同様、クスッと思わず笑ってしまうユーモアとペーソスのきいた、とても読みやすい文です。

上野 茂都

1961年、千葉県出身。 多摩美術大学にて彫刻を学ぶ。都内画廊を中心に作品を発表。 1992年、音曲集団「つれれこ社中」に参加。歌と三味線を担当。  現在はソロで活動。CD「唄草子」「めしのしたく」「別天地」等。 作曲家・上野耕路は実兄。映画音楽、TV主題歌などで共作。