genkai-shobo.jp

モロカイ島の日々――サンダルウッドの丘の家より


著者:山崎美弥子/著・イラスト
価格:1,800円+税
刊行日:2020/10/10

出版社:リトルモア
ISBN:978-4-89815-528-8
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)


内容紹介

= = =
各氏絶賛!

「優しい一筋の風と共に貴方の色彩は存在した」……佐田真由美(モデル)
「すべての瞬間がギフトだと感じる島の魔法」……早坂香須子(メイクアップアーティスト)
「愛の光に包まれた未来への窓」……丸山敬太(ファッションデザイナー)
「手に取るだけで、持っている人の周波数が瞬間的に変わる」……道端ジェシカ(モデル)

(以上、オビより)
= = =


ハワイ諸島のなかでも、もっとも古い記憶をとどめる島、モロカイ。
導かれるように彼の地に渡り、島をつつむ色彩を見つめ描きつづける画家の、心の旅。


生まれ育った東京での暮らしにふと空白を感じ、渡ったハワイ。
パートナーと出会い、船上生活を経て自らの手で建てた家で2人の娘を育て過ごした10年間――。

個展では120点もの作品が完売しやわらかな文章にも支持が集まる大人気アーティストが綴る、日々の記録。


息苦しい今こそ、あなたの心に届けたい。
海、空、星、そして大地――ハワイの風に包まれる、奇跡と祝福に満ちた7章のエッセイ。
[カラー絵9点収録]

山崎 美弥子

山崎美弥子 Miyako Yamazaki アーティスト。1969年、東京生まれ。多摩美術大学絵画科卒業後、東京を拠点として国内外で作品を発表する。一転し、2004年から太平洋で船上生活を始め、現在は、人口約7000人のハワイの離島、モロカイで心理学者の夫と2人の娘と暮らしながら、1000年後の未来の風景をカンバスに描き続けている。 著書は他に『モロカイ島の贈り物』(産業編集センター)、『Love Speaks』(光琳社出版)など。