genkai-shobo.jp

倒産のリアル


著者:山崎誠/著 なし/著 なし/著
価格:1,600円+税
刊行日:2020/08/31

出版社:エイチエス
ISBN:978-4-903707-95-2
Cコード:0034
[単行本](経営)

著者が見てきた倒産の現場から、会社を潰す社長や会社を潰さない社長を通して、倒産を回避するためのヒントに迫る。



内容紹介

「倒産していく会社には何か共通点はあるのか」「あるとしたらどんな共通点なのか」「倒産の危機から復活した会社は何が違っていたのか」事業再生コンサルの著者が見てきた倒産の現場から、会社を潰す社長とは?会社を潰さない社長とは。倒産を回避するためのヒントに迫る。

もくじ

はじめに 会社を潰さない


第1章/「塾の迎えは俺が行くよ」
それは先の見通せる案件だった
増えている役員貸付金
ちょっと待った、それは何?
遊んで使った、と言われた方が
塾の迎えは俺が行くよ


第2章/オマエはわかっていない
社長は「相談したくない」
力強い助け
オレがカイシャを支えたんだ
交渉は続いたが

第3章/カイシャが潰れてもかまいません
「労基署から電話です」
そして労基署へ
カイシャが潰れてもかまいません
経営者個人の責任に?

第4章/正常化への道のり
「粉飾?」
悪質かどうかの一線
月末までに1200万円
正常化へ

第5章/あんな社長、こんな社長
こうなったのは社員のせいだ
もうちょっとついてきてくれるか?
俺は社長なんだよ!

第6章/社長、持ってますね
真夏、風が吹く中
決断しない人
社長はやはり「持って」いた

コラム/銀行は決算書しか見ることができない
1 斜陽産業「銀行」
2 残された道、事業性評価
3 中小企業の資金調達はどうなる?


第7章/会社を潰す社長
カネが持つ側面
社長の正常化へ
浮かび上がる「共通点」
会社を潰す社長
決算書は読めなくても良い

第8章/中小企業にとってのM&A
M&Aは身近なものになった
同じ人か別人か
連帯保証と従業員の退職金
簿外債務の範囲
M&Aが中小企業を救う

第9章/カネが足りない
借入金が減らない
税金や社会保険料の滞納は黄色信号
銀行返済をどうするか

第10章/激変する中小企業の経営環境
個人事業主の増加、掛けられる網
サーバーからクラウドへ
カイシャが小さくなっていく
これからの再生

おわりに 完璧な社長などいない

山崎誠

北海道生まれ。大学卒業後住友銀行、会計事務所を経て、現在ワイズコンサルティング代表。認定事業再生士(CTP)、事業再生支援協会会員、日本ターンアラウンドマネジメント協会会員。著書に「ひとりぼっちの社長のための事業再生」(エイチエス)