genkai-shobo.jp

宇宙飛行士は見た 宇宙に行ったらこうだった!


著者:山崎直子/著
価格:1,100円+税
刊行日:2020/11/19

出版社:repicbook
ISBN:978-4-908154-27-0
Cコード:8044
[単行本](天文・地学)

宇宙にいったからこそわかる面白エピソードが満載!宇宙飛行士である山崎直子さんが宇宙で経験したことなどをわかりやすく紹介



内容紹介

宇宙にいったからこそわかる面白エピソードが満載!
宇宙飛行士の山崎直子さんが実際に宇宙で体験した面白エピソードから宇宙食、月や火星、スペースシャトルや国際宇宙ステーションに至るまで、宇宙に関する興味深い内容が盛りだくさんの一冊です。
___________________________________________________________________________

『宇宙の本』と言えば「宇宙はどうしてできたの?」という内容のちょっと難しい本を想像するかもしれません。

しかし本書では、宇宙飛行士である山崎直子さんが実際に宇宙で経験した面白おかしいエピソードを中心に、宇宙のことをわかりやすく紹介しています。

「宇宙食の味付けは地球のものと同じですか」

など、宇宙食に関する話題や、
宇宙飛行士になりたい人が知りたい質問、

「宇宙飛行士の試験で変わった問題はありましたか」
「宇宙飛行士の訓練で一番大変だったのは何ですか」

そして、国際宇宙ステーションやスペースシャトルにまつわる数々のエピソード、

「国際宇宙ステーションにお風呂はありますか」
「国際宇宙ステーションから国境は見えますか」
「宇宙船から流れ星は見えますか」
「無重力空間でどうやってトイレをするのですか」
「宇宙に行くと身長が伸びるのは本当ですか」

など、117もの宇宙に関する質問に丁寧に答えてくれています。

宇宙の最新情報も掲載。この本一冊で宇宙のすべてが網羅できます。

もくじ

第1章 宇宙ってどんな場所
第2章 宇宙食のいろいろ
第3章 宇宙飛行士を知りたい
第4章 国際宇宙ステーション
第5章 宇宙船と探査機
第6章 無重力のふしぎ
第7章 宇宙のあれこれ
第8章 月と火星と小惑星

山崎直子

宇宙飛行士 千葉県松戸市生まれ。1999年国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士候補者に選ばれ、2001年認定。2004年ソユーズ宇宙船運航技術者、2006年スペースシャトル搭乗運用技術者の資格を取得。2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗、国際宇宙ステーション(ISS)組立補給ミッションSTS-131に従事した。 2011年8月JAXA退職。内閣府宇宙政策委員会委員、一般社団法人スペースポートジャパン代表理事、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザー、女子美術大学客員教授、日本ロケット協会理事・「宙女」委員長、宙ツーリズム推進協議会理事、2025年国際博覧会(万博)誘致特使、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館アンバサダー、サイエンスヒルズこまつ館長、ロボット国際競技大会(World Robot Summit)実行委員会諮問会議委員、特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)アンバサダーなどを務める。 著書に「宇宙飛行士になる勉強法」(中央公論新社)、「夢をつなぐ」(角川書店)、「瑠璃色の星」(世界文化社)など。