genkai-shobo.jp

26文字のラブレター


著者:遊泳舎/編集 いとうあつき/イラスト
価格:1,800円+税
刊行日:2019/12

出版社:遊泳舎
ISBN:978-4-909842-04-6
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

江戸末期〜昭和にかけて流行した26文字の唄「都々逸(どどいつ)」の中から、恋愛にまつわる60作品を現代解釈を交えたイラストとともに紹介します。コラム「都々逸を詠む」では、現代の作家やアーティストの方々による、…



内容紹介

「恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす」

江戸末期〜明治にかけて流行した26文字の唄「都々逸(どどいつ)」。本書では、恋愛にまつわる60作品を現代解釈を交えたイラストとともに紹介します。
さらに、スペシャルコラム「都々逸を詠む」では、現代の作家やアーティストの方々による、オリジナル都々逸を掲載。
時代を超えてよみがえった珠玉の恋の唄を、じっくりと味わってみてください。

○都々逸とは?
俳句が「5・7・5」、短歌が「5・7・5・7・7」であるのに対し、都々逸は基本的に「7・7・7・5」の形式になっているのが特徴です。
寄席で三味線を弾きながら唄われるなどして親しまれ、唄い継がれてきたものが多かったため、思わず口ずさみたくなるような独特のリズムを持っています。

まえがき

「都々逸」をご存知でしょうか?
「ザンギリ頭をたたいてみれば文明開化の音がする」

教科書に載っていることでも知られる一節です。一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「都々逸」は「どどいつ」と読み、江戸時代の終わりから明治時代にかけて、主に庶民の間で流行した唄のことを指します。俳句が「5・7・5」、短歌が「5・7・5・7・7」であるのに対し、都々逸は基本的に「7・7・7・5」の形式になっているのが特徴です。

寄席で三味線を弾きながら唄われるなどして親しまれ、唄い継がれてきたものが多かったため、思わず口ずさみたくなるような独特のリズムを持っています。時代を経て、日常的に触れる機会は少なくなったように思えますが、歌謡曲の歌詞にもそのリズムが応用されているなど、実は今でも都々逸は日本文化の中に息づいているのです。

また、韻を踏んだり掛詞を用いたりと、言葉遊びの要素もあり、洒落っ気に満ちています。いわゆる「粋」とでも言いましょうか。人気テレビ番組「笑点」の大喜利のお題として目にすることもありますね。即興で唄われることも多かったようで、気取らず自然に楽しめるからこそ、広く世間に親しまれたのでしょう。

そんな都々逸には、恋愛にまつわる唄も数多く、心地よいリズムとともに、ストレートに情感に訴えかけてくる力があります。本書では、古くから唄い継がれてきた都々逸の中から、恋愛にまつわる60作品を選びぬき、現代解釈を交えたイラストとともに紹介します。

さらに、スペシャルコラム「都々逸を詠む」と題して、現代の作家やアーティストの方々に、オリジナル都々逸を制作していただきました。

時代を超えてよみがえった珠玉の恋の唄を、じっくりと味わってみてください。

もくじ

○恋に落ちる
○恋に破れる
○恋に溺れる
○恋に笑う
○恋こがれる
○恋に狂う

○SPECIAL COLUMN「都々逸を詠む」
・川嶋あい (シンガーソングライター)
・伊波真人 (歌人)
・わかつきひかる (作家)
・ボンジュール鈴木 (シンガーソングライター)

○都々逸の作り方

いとうあつき

1990 年生まれ。東京都在住。文教大学教育学部卒業。 2016 年よりフリーランスのイラストレーターとして活動。 Web: itoatsuki.tumblr.com/ Twitter: @atuki2126 Instagram: @atsuki_ito_